ブログネタ
BL小説・BLコミック に参加中!
碧の王子 Prince of Silva (SHYノベルス307)碧の王子 Prince of Silva (SHYノベルス307)
岩本 薫 蓮川 愛

大洋図書 2013-07-05


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


碧のかたみは「あお」ですけどこっちは「みどり」ですね。
岩本 薫さんの新シリーズです。
ボーイズラブ版小公子です。

ベタな設定かもしれませんが王道もの大好き。
主従BLも大好きなので大変美味しくいただきました。

イラストが蓮川愛さんで、また良い感じです。
良いコンビですよねー。

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。


密林の少年に手を差し伸べた瞬間から、運命は動きだした!!南米の小国エストラニオの影の支配者であるシウヴァ家に使える元軍人の鏑木は、シウヴァ家の総帥・グスタヴォから、十一年前に駆け落ちした娘のイネスを捜せと命じられる。だが、すでにイネスは亡くなっていた。失意の鏑木の前に現れたのは、イネスの息子・蓮。鏑木が少年に手を差し伸べたその瞬間、運命は動き出す・・・! 愛する養父母家族のため、シウヴァの王子として帝王教育を受けるようになった蓮と、グスタヴォの側近として、蓮の守り役となった鏑木。護り、守られる者として月日を重ねたふたりの間には誰も立ち入ることができない強い絆が生まれ!?壮大なロマンスがついに幕を開ける!!


ジャングルの野生児が、実は大金持ちで小国エストラニオの影の支配者なお家の跡取り息子でしたという、垂涎の設定でございます。
家族のために故郷の密林を離れて懸命に新しい環境で暮らす蓮がもう健気で可愛いの……。
じいちゃんが冷たいのに傷ついてしょぼくれたり、ホームシックにかかって寝込んだり。
兄弟みたいにジャングルで育った黒豹を連れてきてもらって元気になったり、嫁探しのパーティーが嫌で嫌で仕方なくて群がる良家の子女を袖にし続けたり。

心を許せる相手が最初に自分を迎えに来た鏑木しかいなくて、あれか、鳥によくある刷り込みってやつか! というくらいの懐きっぷりです。
信頼がそのまま恋にシフトチェンジするんですねわかります。

その鏑木なんですが、彼の自制心はすごいね。
寸止めで待てができる攻はなかなかおりません。
実は下克上BLということで、鏑木は教育係で未来の側近なんですけどベッドの上では攻です(たぶん)。
女を知らない蓮に最初の下半身レッスンなんかしちゃったら、この先のオカズはずっとキミだよ鏑木……って思いながら読んでましたよげへへへへへ。

とにかく、まだ1冊目なので恋愛パートもお国に騒動だかお家騒動だかも序章です。
何冊のシリーズになるのか未知数ですけど、甘いだけじゃなくて山あり谷ありのハラハラドキドキ要素が満載のボーイズラブは大好きなので期待値高いです。
障害が多ければ多いほど萌え上がりますからね!
できれば年2冊くらいは読みたいものです……

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手