ブログネタ
BL小説・BLコミック に参加中!
サクラ咲ク (リンクスロマンス)サクラ咲ク (リンクスロマンス)
夜光 花

幻冬舎 2013-01-31
売り上げランキング : 1724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


忘れないでいてくれのスピンオフ作品です。
ただし、世界観が同じだけでカップルが違いますので単品でも問題なく楽しめる仕様です。

さてこの作品、ボーイズラブにはかなり珍しい、イラストなしの表紙となっております。
前作「忘れないでいてくれ」でイラストを担当していた朝南 かつみさんが急逝され、彼女以外のイラストは……ということで、絵の無いまま本になったのです。
ほんとうに……素敵な絵を描くイラストレーターさんが亡くなられてショックでした。
絵のないBLを発行する決定をした夜光 花さん、編集部の決定が間違いではなかったと数字が示してくれることを、心から祈ります。

実際、売り場では薄桃色のシンプルなこの表紙、主張の激しいBL群の中で異彩を放って目立っておりました。みんなー、読み応え合って面白いから是非、手にとって読んでみてーっ!
と大阪市内の本屋さんで念を送っておきました。

新書二段打ちで、しっかり読ませてくれますよー。
安定の夜光花さんクオリティです。

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
写真を撮られたり、人に触られることが苦手な怜士はある日、中学時代に憧れていた先輩・櫻木と再会するが…。

学園モノの延長でトラウマ抱えた受がメインの再会ラブです。
この受さんがもう、超めんどくさくてね……。
カッとなったら記憶が飛ぶレベルで我を忘れるの。
おいおまえどこの狂犬だよって感じです。
でも一途でね、そこがキュンとくるんです。

だって中学時代の恋をずーーーーーーーーっと抱えたまま社会人になってるんですよ。
すごいですよ、13歳の恋心が色褪せないって。
しかも相手は超絶恋愛不感症鈍感天然なスーパー攻様ときた。
真正面から告白してもなんか流される。
あり得ないと思うでしょう。
でもね……
ガチで誤解しようのないレベルの告白が、
ナチュラルに意地悪じゃなく素でスルーされる
んですよ。
のれんに腕押しを体現してる状態。
私なら真ん中からぽっきり、心が折れるね。

恋心は受け止めてくれないのに、後輩としては大事にしてもらって心配されて、事件に巻き込んで危険だからと同居まで持ちかけてくれる。
なにこの生殺し状態。
ここまで来ると高度な嫌がらせかと思っちゃいますね。
しかも、昔失踪していた時の記憶がない受さんのトラウマを克服するために色々動いてくれます。記憶を取り戻すために、他人の記憶が見える人に見てもらおうと持ちかけて、交換条件として受さんが「1回で良いから抱いて」ってて返してきたら、ホントに抱いちゃうんですよ……おい……。

まあ結局、実はいつの間にか好きになってました、いなくなられて初めて気付きましたコースなんですが、超弩級に恋愛感情に鈍感でド天然な攻様のせいで、めんどくさいハズの受さんが健気で一途な頑張りやさんに見えてくるから不思議です。
良かったねえ、長年の恋が報われて!

色んな意味でドキドキさせられた本でした。
攻さんが恋心を自覚する下りとか、こっちが読みながら拳握っちゃったからね……。
前作とはまた雰囲気が変わっているし、楽しく読めたBL作品なので、是非、読んでみて欲しいなーと思います。
タイトルも箔押しで、綺麗な本ですしね。

朝南さんも、この本見てるかなー……撮っても良い本でしたよ。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手