ブログネタ
BL小説・BLコミック に参加中!
夜を統べる王 (幻冬舎ルチル文庫)夜を統べる王 (幻冬舎ルチル文庫)
杉原 理生 高星 麻子

幻冬舎 2012-09-18
売り上げランキング : 11723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


杉原さんのヴァンパイアもの2巻です。
1冊目は薔薇と接吻で、ヴァンパイア+幼馴染み属性がありますよふふふ。
BLと吸血鬼って相性が良いのかひとつのジャンルになるくらい作品数あるんじゃないかな。
何となく耽美な雰囲気があるからですかね。

これは2冊目で1巻読んでなくても分かりますが、ここはやはり薔薇と接吻から攻略していただきたいところです。

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
初恋相手のヴァンパイア・櫂と伴侶の契りを交わした律也。だが、蜜月期にも関わらずなかなか会いに来てくれない櫂に少し不満な日々。櫂と交わることで次第に体が変化し、ようやく夜の種族の世界で共に過ごせることになり喜ぶ律也だったが、不吉な夢で見た通りにヴァンパイアの始祖・カインを甦らせようとする者たちにさらわれてしまい…。

ヴァンパイアの一族の長になった攻さんは、ピーターパン的異世界に律也を迎えるべく、日々反対勢力と戦っております。
その合間に律也に会いに人間界に通うのですが、なんだろうこの平安時代の妻問婚的空気!
とにかく今回は初っ端からラブラブですから、もう蜜月の甘ったるいことよ……。
律也は一途だし櫂も律也しか眼中にないし、邪魔者もほとんどいません。
私はこいつらが、護衛のヴァンパイアを通して文通してたって驚きませんからね!
ほんとに砂糖吐けそうな勢いです。
まあ喜んで吐きますけどね!

ちょっと夜の世界のゴタゴタが絡んできて身内の切ない裏切りとかヴァンパイアの氏族のパワーバランスとか、スパイス的にお話を盛り上げくれますが、基本、そんなにド派手な流れはありません。
あれこれありますが、櫂の足場が為的なイベントです。
夜の世界にも色々あるようで、ヴァンパイアの長も楽じゃないということですな。

脇のキャラもなかなかに性豊かで主張が強いので、番外で主役になっても楽しそうです。
というか、これまだ続き書くつもりありますよね?
なんかこう、1冊使って設定の幅をぐんと広げてきた印象があります。

設定しっかり目で、ドキドキハラハラ成分控えめの甘めのココアみたいな吸血鬼BLなので、読み応えもあるし着かれたときに読んでもダメージないし、おすすめシリーズです。
あと2、3冊くらい出てくれたら嬉しいなー。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手