childbook
都条例が可決されてから半年以上が過ぎました。 可決前から危惧していた諸々のことがどんどん現実になりつつあります。
最も心配していた制作・創作現場の萎縮もその一つです。
おそらくそうなるだろうな……と思っていたことが現実になってきているとひしひしと感じます。



まず、BLコミックスにおける学園物の内容について。
読んでて悔しくなるくらい、ストーリーが及び腰になっているのがわかります。
そもそも、中学生・高校生のカップルが減ってきました。
発表されても、Hシーンはすっ飛ばされるか寸止め。
唖然としたのは、カップル成立直後から、なんと8年後にお話が飛んで社会人になっているコミックスを読んだときでしょうか。
プロット段階で学園物が通らない、制服を描かないでくれと言われるなどという話も聞こえてきます。
現状を見ていると、このままでは中学生・高校生が主人公のボーイズラブは壊滅状態にまで追い込まれるかもしれないと危機感を覚えます。

なぜといって、BLとベッドシーンは切っても切り離せないくらい密接な関係にあります。
もちろん、目が合うだけで、手を握るだけで萌える面もありますが、男同士の友情と愛情を明確にする記号としてのベッドシーンは、作中に置いて非常に重要な位置を占めます。
それをストーリーから排除すると言うことは、BLというジャンルにおける学園物の面白さのかなりの部分を切り捨てていると言っても過言ではありません。
面白くないものは売れません。
売れないと、ますます描きにくくなっていきます。
そうしてどんどん、BLから学園物が減っていくということは、若い読者がBL業界から減っていくことに直結するのではないでしょうか。

BLは、このブログを立ち上げたときにも書きましたが非常に若いジャンルです。
まだジャンルが生まれてから、おそらく半世紀も経っていません。
ジャンル誕生当時からの読者も書き手も、まだほとんどが存命です。
商業BLは90年代にバブルを迎え、発行点数は鰻登りでした。
学園物全盛期といっても過言ではないこの時代は、逆に現在不動の人気誇る「サラリーマンもの」や「親父もの」など、主人公の年齢が読者より上の作品が発表しづらい状況でした。
何故と言って、新しいジャンルは読者も若く、若い読者にとってサラリーマンの世界は果てしなく遠く、下手をしたら「二十歳過ぎたらみんなおじさん」くらいの意識があります。
主人公の存在が遠すぎて感情移入しにくかったのです。
もちろん、当時からリーマンものが大好きな中高生もいたとは思いますが(私のことですが)、少数派であったことは体感的にも発行点数的にも間違いないと思います。

翻って現在はというと、当時学園BLに夢中だった少女たちが成長し、大学生になり社会人になることによって、 サラリーマンなどの年齢二十歳以上、三十歳以上の主人公カップルが受け入れられるようになってきました。
受け入れられるようにどころか大変な人気です。
四十代、五十代の主人公だって登場して受け入れられる時代になってきました。
ジャンルも読者も成熟してきたなと感じます。

しかし、私が危機感を覚えるのはこの先十数年です。
今、学園物の刊行点数が減るというのはどういうことか。
それは、現在中高生のBL読者が育たないということです。
漫画を読んで育った人はちょっと思い返してみてください。
小学生の時には「りぼん」や「なかよし」を読みませんでしたか。
これらの雑誌の主人公は小学生や中学生が多くありませんでしたか。
中学校、高校では「花とゆめ」「マーガレット」などを読みませんでしたか。
中高生……自分たちと同年代の主人公の恋愛や冒険に心をときめかせませんでしたか。

自分と同じような境遇、立場、年齢にいる主人公には、とても感情移入がしやすいです。
だからこそ、学園ものBLが(どんなにファンタジー設定だろうと!)中高生に絶大な支持を受けたとも言えます。 将来の読者を育てるという視点で商業BLを考えると、学園物BLの衰退はジャンルの衰退と密接に結びついてるのではないでしょうか。
若い読者がBLを読まなくなると言うことは、現在の読者がいなくなったとき、業界を買い支える次の世代がいなくなると言うことです。

読者は育てるものです。
今の若い子は難しい内容を理解しようとしないから……とか、そんなこと言ってると、どんどんちゃんと本を読む子が減ります。
言わせてもらいますが、多少内容が複雑だろうと面白かったら子供は読みますよ。
子供の脳みそは大人のそれより相当柔軟で、興味のあることへの貪欲さはすごいです。
なので、変な手加減をしないで欲しいと思うことがよくあります。

少し話がそれました。

要は、都条例に萎縮して学園BLが減少したり、ベッドシーン排除で面白くなくなっていくと、若い読者が増えずにジャンル全体がジリ貧になってしまうよ……ということです。
条文を読めば分かることですが、そもそも中高生の性描写だけでNG食らうなんてことはないのです。
現場の版元さん、編集さんは自分の仕事のことでもありますし、闇雲に怖がって萎縮する前に、勉強して不要なはずのNGを作家さんに出さない努力をして欲しいなと思います。

いったん読者に空白の年代が出てしまうと、後から相当辛いと思います。
今が踏ん張り所だとも思います。
ちなみに私も学園BL大好物なので、制服描くな、制服着せたらベッドで服脱がすなとなると、本当に悲しい。 面白かったら買って布教するので、出版現場にも頑張って欲しいなと心から願っています。

切り口は違うけど、同種のエントリをちーけんさんが書かれてますので合わせてどうぞ!
フロンティアを失ったBL界から新人作家は消えてゆく――「男の娘」と「クラシック音楽」から見るボーイズラブ史

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手