ブログネタ
BL本レビュー に参加中!
Blood loop (2) (バーズコミックス ルチルコレクション)Blood loop (2) (バーズコミックス ルチルコレクション)
あおい れびん

幻冬舎 2012-01-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブコミック・レビュー


別れて再会したところで終わっていた1巻
えーと、週刊連載じゃないんだけど……という引きから待つこと約9か月。
ようやく2巻です。
まあボーイズラブの漫画にしたら早く読めた方ですはい。
大好物の主従BLの完結編です!

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
父を想い、家を継ぐことを選んだ崇文。崇文が「誰か」のものになることに耐えきれず、姿を消した静。十二年ぶりの再会に二人は…?

12年間の募る思いはとりあえず肉欲で埋める!
と言わんばかりの2巻です。
まあ12年はお預け食らうには長すぎるよね……。
長いけど当然のようにお互い思い続けてたとかもう、ロマンティックですよ。
男のロマンっつーかBLのロマンですな!

結局、崇文は誰のものにもなってなくて、シズカと元鞘という流れです。
双子とか先祖代々の云々も割とあっさり片付く感じ。
えーそれでいいの!?
シズカが12年、崇文から離れて情緒不安定になったのは何のためぞ……
ってくらい、ポンポンとピースがはまっていきます。
シズカさん、12年掛けて不安定になったけど、崇文がすごい勢いで仕事して長期休暇取ったりしたし、あっという間に元に戻ってくような気がしますね。

せっかくの時代がかった設定とドロドロしそうな人間関係だったのであと2,3冊かけて引っかき回しても良かったのになーとか黒いこと考えたりしましたが、いえいえ、2人が幸せそうで私は嬉しいですよ!

12年のブランクをこれから2人で必死で挽回していけばいいと思います。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手