ブログネタ
BL小説・BLコミック に参加中!
誘惑者の恋 (角川ルビー文庫)誘惑者の恋 (角川ルビー文庫)
岩本 薫 蓮川 愛

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-11-30
売り上げランキング : 53041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


えー、アラブです。 もうBL業界における受の中東方面への輸出量は世界トップクラス過ぎて他の追随を許しません。
産油国のアラブ王族は日本人受に好みが偏りすぎだと思います。
溺愛される受さんは、きっと日本が石油的に危機に陥ったときに攻さんにお願いして母国を助けてくれるはずですが、彼らも結構かなり、主に夜にベッドで重労働なので、日本政府は多少なりともその努力に報いるべきだと思います……いいですよ税金使ってもらっても!

さて、もちろん今回も砂漠で日本人受がアラブ王族に口説かれるお話です!

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
恋人である王子・ラシードを追い、アラブの小国へ旅立った兄・桂一を連れ戻すためマラークを訪れた東堂和輝。ところがラシードの味方をする第一王子のアシュラフに、桂一への恋心を見抜かれてしまう。気まぐれに砂漠に連れ出された和輝は『おまえにも運命の相手がいる』とアシュラフに囁かれ、不覚にも心を乱される。そんな折、兄たちのキスシーンを目撃し取り乱した和輝だが、気づけばアシュラフに唇を奪われていて…?身を焦がすほどの熱砂が誘惑する、この恋―。

このお話に至っては、まず前提としてすでに受の兄がアラブ小国に嫁いでおります。
アラブ王族とラブラブです。
日本でSPやってたのに、引き抜かれてお持ち帰りされてしまいました。
で、その兄に密かな恋心を寄せていた血の繋がらない弟は、

「え、ちょ、俺が狙ってたのに横から攫われた!」

と大憤慨。
分不相応にもアラブ王族にライバル心を燃やし、兄を取り戻すべくアラブに飛び立ちます。
そしてそこで兄を連れ戻すのは無理だと悟り、それだけならまだしも、もう1人の王族に見初められて口説き落とされてしまいます。
なんというわかりやすいミイラ取りがミイラになる系ストーリーでしょう!
しかも彼、兄に対して攻になる気満々だったというのに、兄を連れ戻し損ねた挙げ句、自分は受として口説かれてしまったという二重苦です。
いやー……ねえ。
最終的に幸せになれたからま、いっかってなもんですが、彼の人生二転三転しすぎです。
しかもその色恋沙汰の二転三転の中に女性がいないあたり、さすがボーイズラブと言うべきでしょうか。

2人しかいない息子がどっちもアラブ王族とくっついてしまい、ご両親が孫の顔を拝める可能性は限りなくゼロに近いことになってしまい、ちょっと気の毒ですね……。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手