しばしば浮上しては炎上する問題に『腐女子自重』というのがあります。
ここでいう腐女子は、ボーイズラブ(BL)――つまり、男同士の恋愛を妄想して楽しむ層を指します。
今回はオリジナル商業誌・二次創作を問いません。

最近では本屋さんでも随分幅をきかせ始めたジャンルで、専用のコーナーを設けてくれる店舗もありますが、全体的な風潮としては「ひっそり内輪で楽しもうね」という無言の重圧というか、同調圧力のようなモノが確かに存在します。そして困ったことに、この『内輪』の定義が人によって実に様々でして、その辺のすれ違いがしばしば、大喧嘩の末に炎上という事態を引き起こします。

あとたまに、無邪気にぽろっとTVでBLネタを扱ってしまった芸人さんが一般の腐女子を大混乱に陥れたり、ご本人を前に妄想ネタを語って見ていた一同が恐怖震撼なんて大事故が起こったりもします。
私も後から顛末を知って気が遠くなってひとりです。
この件に関しては、そもそも腐妄想以前に、本人相手に「あなたで妄想してます」と告げる無礼を考えて欲しいと思ったわけですが、ちょっと話がずれるので多くは語りません。


さて、ここで問題なのは、そもそも腐女子はなぜ自重すべきだと自身が感じたり、周りの人々に「引っ込んでろ」と思われることがあるのか? ということです。
(すべての腐が自重すべきだと思っているわけではありません念のため。私は商業メインなこともあって割とネットではオープンですし、そもそも自重なにそれおいしいの? という層も存在します)
個々人で理由も様々だと思いますが、私が感じていることなどをつらつらと書いてみます。

【自重したいと願う心】
ボーイズラブがボーイズラブと呼ばれる以前……耽美とかJUNEとかだった時代から腐女子が持っていたと思われるのは「罪悪感」と「羞恥心」です。
つまり、世間的におおっぴらには認められていない男同士という関係に心惹かれるなんて!という一種の後ろめたさです。別に悪いことをしているわけではないのに、なんとなく表に出してはいけないような気がする……なんとなく! こう、小中学生が肌色な話題に興味津々だけど大声では話せないと感じるような感覚と申しましょうか。
上手く言えないんですが、そんな気持ちです。
ごめんねという気持ちと、こんな妄想してるなんて知られたら穴掘って埋まっちゃうわという気持ちが混在している腐女子は結構いる気がします。特に二次創作は存在自体がグレーゾーンなこともあり、原作に対する背徳感が強いイメージ。まあ、たまに公式自体が煽ってる気がしなくもないですが、それはあくまで気のせいのハズなので。


……じゃあ感じるままおとなしくしてろよ! って各方面と本気で隠れていたい腐の皆様からは怒濤のツッコミが入りそうですが、事はそう上手くいきません。

【こっそりでも仲間とは盛り上がりたい乙女心】
覚えのある方も多いことと思いますが、人は、特に女といういきものは秘密が大好きです。
ここだけの話ね、とか、これ絶対内緒だよ! とか、そういう会話に覚えはありませんか?
ごく少数の仲間で共有する秘密とはとても美味で甘美なものです。
腐女子というのは『妄想を共有する少数の仲間』でもあると私は考えています。
仲間内できゃーきゃーわいわい、秘密の話題で盛り上がるのはとても楽しいのです。
そして、秘密を漏らした仲間は村八分にされると昔から相場が決まっています。
TVでBLネタはその、「秘密を漏らした」に当たるんじゃないかなと思っています。

【困ったことにすでに少数じゃない】
で、BL大好きな腐女子が、本当に少数だった時代はそれで良かったのです。
ネットも今ほど広く利用されていなくて、仲間を捜すとなれば雑誌のお友達募集コーナーとかニフティとか直接イベント会場でとかくらいしかなかった時代は、本当に仲間内だけの秘密のお祭りでなんとか収まっていたのではないでしょうか。……この時代を体感していないので断言はできませんが、多分そうだったんじゃないかと思っています。
翻って現在はどうかと言いますと、インターネットは世に広く普及し、ボーイズラブ系の商業誌が世に溢れ、東京都に目をつけられるレベルでド派手に市場を席巻しています。
コミケをはじめとするイベントへの参加者は年々増え続け、池袋で開かれたイベントでは収容キャパをオーバーしまくって開場が大混乱の阿鼻叫喚なんてことも起こります。腐層がアニメで盛り上がったら、twitterのホットワード(twitter上の呟きに頻出する言葉)に腐要素満載ワードがズラリと並んだりします。
そう……少数のハズの仲間内で盛り上がっていたつもりが、少数だったつもりが、いつの間にか大多数になっていたという、まさかの大逆転が起こっていたのです。
仲間内で盛り上がってたつもりが、いつの間にか表にだだ漏れ……というのが現状です。

ここで、はっと我に返って「罪悪感」とか「羞恥心」とかそっちの感情を揺さぶられた腐女子はパニックを起こします。ちょ、みんな落ち着け、漏れてる、私たちの妄想が盛大に漏れている、自重……! ってなります。
腐妄想が苦手な層も、いやお前ら、もうちょっと控えてよ、昔はちゃんと隠れてただろ? こっちは見たくないんだよひっこんでよお互いのためじゃん!? ってなります。


でもねー……正直なところ、ここまで数が増えてきたらもう昔レベルにひっそり隠れて仲間内だけでとか不可能じゃないですか? 物理的に無理です。インターネッツもそこまで広大無辺じゃない。
ひとくちに腐女子と言っても、好みも考え方も細分化されまくってて、ひとくくりに語るのも難しい状態です。
ひたすら隠れていたい派。悪いコトしてる訳じゃないんだし堂々としてればいいんじゃ派。リアルでは隠れててもネットなら隠さない派。商業はご自由に、でも二次三次は自重派……いやもうホント、ぱっと思いつくだけでも沢山あります。

自分の派閥の考えに固執して、そこから外れる人を攻撃してたら収集なんてつくはずないんです。もう、考えとか方向性をひとまとめにできるほど、腐女子は少なくないし、同じでもありません。
だからこう、みんな違ってみんないいじゃないですけれども、なんとかやりくりして共存の道を探っていけたらいいなあと思います。
腐じゃない人たちにしても、なんかこう、見たくないもの見せてマジごめんなさいなんですけど、強制ではないので目に入っちゃったら一瞬とか数秒には目をつむって犬に噛まれたと思って諦めてもらえたらなあと……。
誰にでも受け入れられる趣味嗜好なんてそうあるもんじゃないので、みんなある程度の寛容さを持って生きていけたら良いんじゃないかなーと思うのでした。

学級会のまとめみたいな結論ですみません。
いやでもけっこう本気です私。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手