ブログネタ
BL小説・BLコミック に参加中!
ブレッド・ウィナー (ディアプラス文庫)ブレッド・ウィナー (ディアプラス文庫)
月村 奎 木下 けい子

新書館 2011-08-09
売り上げランキング : 571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


幼なじみというか、再会モノBLですね。
意地っ張りのパン屋さんのお話。

月村奎さんと木下けい子さんの組み合わせって、すごいベストマッチだといつも思います。
こう、ボーイズラブの受攻じゃないですけど、作家さんにも文章とイラストの相性って絶対あると思います!

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
家出した妻の実家であるパン屋と連れ子の双子を抱え、太一は二十四歳にして人生投げやり気味だ。そこへ店舗の買い手として現れたのが、高校の同級生・長谷部。太一が売ることを渋ると、彼はパン職人として店でバイトさせてほしいと言う。忘れたい記憶につながる男と関わりたくはなかったが、いきいきとパンを作る長谷部はやがて太一の日常になくてはならない存在へと変わり…?月村奎の原点、ここに新装開店。

受の人生がカオス過ぎます。
高校受験に失敗してグレるまではまあいい、よくある話と言える。
その後、タチの良くない連中とつるんで遊び回ったのもまあいいや。
子供の頃のやんちゃは長じて後に良い思い出になるものです。

そのあと、連んでた中にいた双子の子持ちの女と付き合ってると親に勘違い&激怒されたのをきっかけに、親への当てつけでその彼女と結婚するってどうなのか。
だってあなた、結婚だよ? 
そんな人生の一大事まで親への当てつけで決めちゃって良いのか!?
しかもその後、母親は子供も家の権利書も何もかも置いてふらっと消えて音信不通です。
受さん、探す気もないし……! そのまま、残されたパン屋でやる気なく毎日、適当にパンを焼いて過ごしているのです。パンは不味いけど顔は良かったので、もはや顔面の価値だけで売り上げを維持していたと言っても過言ではない残念ベーカリー。

そこに颯爽と登場したのが、高校時代に心ない言葉を叩きつけてしまった同級生でした。
あれこれしてるウチにパン屋のバイトとして働き始めた彼はとっても有能で、受の顔だけでもっていたパン屋の売り上げをグングン伸ばしていきます。

紆余曲折あって、ぼやが出たり子供が家出したりちょっと喧嘩したりとか、まあ細々と色々あって、雨降って地固まる感じでくっつきます。
そのへん、あんまり派手な展開ではないです。
喧嘩しててもけっこう穏やか。

肌色シーンもほのぼのまったり……かと思ったら、なんか行程をパン制作になぞらえ始めて吹きました。ベンチタイムとか発酵とか言うな!! ものを例えるのにパリジャンとかコッペパンとか言うなーっ!!!
なんかこう、お腰の剣だのマグナムだの色んな直喩がある攻様のブツですが……パンって新しいね。

父子関係のあれこれもけっこう奥深くて、うん家族って良いよねってなる本でした!

いやしかし……こんど木下さんの絵で下半身が白い攻の構図とか見たらコッペパンとか幻視しちゃいそーだわ……。なかなか破壊力のある直喩でしたねうん。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手