ブログネタ
BL小説・BLコミック に参加中!
交渉人は愛される (SHYノベルス)交渉人は愛される (SHYノベルス)
榎田 尤利 奈良 千春

大洋図書 2011-07-29
売り上げランキング : 319

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


交渉人シリーズの最終巻(いちおう)です。
とりあえず、ここで一区切りだそう。
……なんか番外編出る臭がプンプンしますが、まあそれはおいといて。

ポップシリアスなナイスBLシリーズでした。
後書きで魚住くんシリーズに並ぶくらいの反響があったとあってびっくりしましたが。
いやテイストが違いすぎるので比べるのもどうかと思うのですがうーん!
どっちが好きかと言われたら迷わず私は魚住くんシリーズをとるけど、ここは好みの別れるところだろうなーと。
そもそも魚住くんはあんまりボーイズラブっぽくはないしな。

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
下町は両国に芽吹ネゴオフィスの事務所を構える民間の交渉人・芽吹章の恋人は、泣く子も黙ると評判の周防組の若頭・兵頭寿悦だ。いくつもの試練を乗り越え、強い絆を持つようになったふたりだが、芽吹には芽吹の兵頭には兵頭の仕事があり、交渉人とヤクザであるふたりの考えが相容れるはずがなかった。そんなある日、芽吹はある男の依頼を受けるのだが、それは兵頭を相手に交渉することでもあった!?恋人でありながら、時には敵対するふたりが手に入れた結末とは―。

私は職業BLが大好きです。
受攻両方働いてるとか素晴らしいと思います。
仕事上、カップルたる2人が対立するとか、そもそも職業柄対立せざるを得ない設定とか、もうヨダレが止まらないレベルで愛してます。

このシリーズの攻さんは最近世間を騒がせている、
本人が知らないうちに動いてこっそり助けてくれるらしい闇社会の人です。
平たく言えば893の人です。
そして受さんはまっとうな事務所を構えるいちおうカタギの元検事で元弁護士の交渉人。
ただし勇午みたいな派手な交渉はしませんのであしからず。

とにかく受の芽吹は闇社会の人が嫌いです。
嫌いなのにどっぷりそっちに沈んでる元後輩に口説かれてます。
これでもかってくらいしつこく何冊も掛けて口説き落とされて、ようやく最近は自分も好きなんだと素直に認めるようになってきました。


依頼をめぐって毎度毎度対立する2人。
依頼が絡まなくてもテンポ良くBL漫才を繰り広げるこのカップル、いや可愛いんですよ。
話の盛り上がりで言えばこれの1つ前の2冊かけたお話がMAXでしたが、最後の1冊も余韻と言うには騒々しく楽しい内容でした。
交渉に行った893さんのお宅で、交渉相手の姪っ子とまさかの突発見合いとかね。
シリアスちょい抑えめのドタバタ展開で楽しめました。

仕事では対立してもお互いのことは好きな関係っていやー素敵です。
一貫してベースがそうだったので、このシリーズはかなりのお気に入り。
どーしようもないダメ男とかも出てくるけど、基本的に救いがあって幸せな気分で読み終われるのも魅力です。
榎田さんはホント、天性のBLエンターテイナーだなあとつくずく思わせてくれたシリーズでした。

もちろん、番外編待機中です!

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手