ブログネタ
BL本レビュー に参加中!
秒速ゼロマイル (ミリオンコミックス  Hertz Series 103)秒速ゼロマイル (ミリオンコミックス Hertz Series 103)
元 ハルヒラ

大洋図書 2011-07-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブコミック・レビュー


twitterで夏のBLが熱いですが、この作品もどことなく夏を思い起こさせるお話でした。
晴れた日に河川敷を手繋いで歩くとかいいねえ青春だねえ!
中身も素敵でしたけど、表紙もとっても素敵でした。
本屋さんでも安心して手に取っていただける安全設計。
2人とも着衣で肌色率10%未満です。

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
「だっ 誰なんですかっ あなた」
大学生の太一は、ある日、大切な思い出の場所で見知らぬ男に声をかけられた。 座間と名乗ったその男に、太一は思い出の場所がなくなるかもしれないと知らされる。 そこは両親のいない太一が、もっとも心を寄せる保護者の神田と初めて出会った場所だった。 太一の前に突然現れた座間はいったい何者なのか? 不安に揺れる太一だったが・・・
元ハルコ 改め 元ハルヒラが贈るココロほわほわ河川敷ラブストーリー


えーと、汚れた大人でごめんなさいってとりあえず懺悔しとく。
最初、養父×太一だとおもってました……っ!
ジャンピング土下座の勢いでごめんなさい。
えー、太一にとって市長である養父は大切な養い親でした。

その養父とはじめて出会った河川敷が、当の市長の発案によって作り替えられてしまうことを知った太一。
思い出の場所がなくなってしまう。
気持ちは沈む一方で、でも養父は仕事で忙しくなかなかちゃんと話す機会がありません。
そんな状況の中で、河川敷の工事のことを教えてくれた座間に少しずつ惹かれていきます。
わりと、最後の一線はあっさり越えた。
越えたけど、そのままあっさり恋人としておつきあいな展開にはなりませんでした。
ついでに書いとくと、肌色シーンはとっても控えめでした。

決定的に何かが壊れたわけではないけれど一度さよならして、もう一度出会う。
そういう再会ものにとても心惹かれます。
太一は頑張って座間を追いかけました。
一度は切れたいとがもう一度繋がる密やかなカタルシスに、すっと気持ちが晴れます。

養父とのわだかまりも無事解けます。
良い親子ですよこの2人。最初疑ってマジごめん。

読後感が最高の1冊でした。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手