カデンツァ〈1〉―青の軌跡 番外編 (リンクスロマンス)カデンツァ〈1〉―青の軌跡 番外編 (リンクスロマンス)
久能 千明 沖 麻実也

幻冬舎コミックス 2011-02
売り上げランキング : 2182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


予定より1週間遅れて読みました。
まさに1日千秋。

先週の日曜日に到着すると思いきやb○1クオリティで平日にずれ込み、さらに月曜日から怒濤のようにあれやこれやが押し寄せてページを開くことも己の理性が怖くてできず、枕元に積まれたまま1週間。 もちろん正座待機してたボーイズラブがこの状況なので更新が1週間止まったって仕方ない!

いやもう、目の前にニンジンぶら下げられた馬だってこんなにヨダレ垂らさんだろーよ!
と言うくらい精神的ヨダレで枕元が海でした。
まだ流すのが涙なら乙女のフリもできたんだがな、ヨダレじゃな!


とにかく、落ち着いてゆっくり読めたのが昨日。
我慢する時間に比べて読んでる時間のなんと短いことよ。


あと、青の軌跡お初の方も大勢いらっしゃると踏んで全力で布教しておきます。
現代物しか受け付けない!!
とかじゃなければ、是非、騙されたと思って最初の2冊(上下巻なのです)の『青の軌跡』を手に取ってみてください。
とってもナイスなSF(スペースファンタジー)です。
ギシギシのシーンもしっかりエ口いですよ!
私、BLはエ口なくても脳内補完で楽しめる派ですけど、この作家さんの肌色シーンは大好きなんで舐めるようにして読んでますよ、げへへ。

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。


ジュール=ヴェルヌの帰還後、傭兵に戻った三四郎の元に要人警護の依頼が舞い込む。依頼主はアーイシャ。以前少しだけ関わった植物学者だ。気弱で臆病な少年だった彼は見違えるような青年に成長し、テロリストに狙われているにもかかわらず、楽しげに三四郎を引っ張り回す。戸惑いながらも付き合っていた三四郎だが、ついに事件は起こって―。『タイトロープダンサー5』後の三四郎と、船上でのカイを描いた「それから。」も同時掲載。


とにかく本編最終章がどえらいスピード&スプラッタなジェットコースター展開で、ぐるんぐるん気持ちよく文章のレールを疾走してたらいつの間にか終了して息が上がってました、ってな状態だったので、余韻……? なにそれ美味しいの?
という最後でした。
まあ、スカッとしててあれはあれで好きなんですけど、もうちょっと、もうちょっとね、色々気になるところもあるし!
キャラの今後とか空白の時間とか行間に埋もれまくったあれやこれやがね!!

なので番外編と聞いて小躍りしたファンは絶対に私だけじゃないはずです。


ちなみに番外編のメインストーリーは、最終巻から数年後のお話で、 シリーズ本編に出てきて作者に溺愛されてた脇役のアーイシャ博士(男)が大活躍でした。
航海中の宇宙船の中で三四郎に惚れちゃった彼は、彼と対等な大人になるために一念発起し、立派な青年に成長しました。
成長したけど、三四郎とのデート(三四郎は護衛のつもり)を心から楽しむ彼は無邪気で大変可愛いです。
こんな一途な子はそうそういないのに、三四郎はハナっから恋愛対象として彼を見てません。もったいないなあ……。
一夜の思い出くらいの流れになるのかなと思ったけど、アーイシャの恋は見事粉砕。木っ端微塵に吹き飛びました。
初恋は失恋で終わるって証明するのにかかった時間、長かったな!
作者の愛を受けすぎたアーイシャは、何かちょっと可哀想な目に遭ってる気がしないでもないですが……まあ三四郎と再会していっぱい遊べたしいいよね。

(追記:↑ただの添い寝と脳内変換しちゃってたよごめんアーイシャ!
   良く読んだら正しく一夜の思い出でござった。)



後半で、三四郎が最終巻で「え、そこにそのまま残るとかもう人生終了レベルで助かる道とかなくない!?」って状況からどうやって生還したのかとか、あまりに状況が絶望的すぎて、しかも戻ってくるまでにかかった時間が長すぎたせいで、三四郎がいるのに幻みたいに感じちゃってるカイが現状を正しく認識するまでのお話です。

いやま、正しく認識させるために三四郎がナニしたかっつーと、

「これまでにないくらいリアルでぶっ飛んだ夜を過ごせばいーんだろ!」

つってベッドになだれ込んだだけなんですけどね!
久々に彼らの肌色シーンをガッツリ読めて大変幸せです。


そーいや、デザイン弄ったついでにGoogleサーチのサイト内検索を設定し直したんですが、なんべんやっても絶対引っかかる言葉で検索してもまったく何も引っかからずに「見つかりません」とか言いがるので、

「ンわけあるか! このブログでBLだのボーイズラブだの炎の蜃気楼だので引っかからんよーなエンジンは消えてしまえ!!!」

と息巻いて設定を確認したら、『セーフサーチ』ってとこにチェックが入っててね、それが何かっつーと、エ口なサイトは俺がきっちり省いてやっから安心しな! って設定で、なんとこれにチェックが入ってるとアキミさんのBLブログはALLアウトになるらしい。

まあ、いいんですけどね……うん。


以下twitterで交わされた青の軌跡に関する会話

2011/03/08 20:33:50
【募集】青の軌跡シリーズ(含む新刊:カデンツァ)のオススメ・感想・愛の言葉などのリプライ。【ブログに皆の呟きごと載せてみたい】 もし集まったら記事下とかに入れたい。好評なら続けたい!
2011/03/08 20:43:53
ほんまに青のシリーズ好きやねん。。。
2011/03/09 12:56:53
青の軌跡シリーズだと「カタルシススペル」と「バロックパール」がお気に入りです。
2011/03/08 21:23:03
@AKMI0 わ、私も青の軌跡シリーズ好きですよ!
2011/03/08 21:31:49
@tomotaka0225 わー、仲間いて嬉しいです!!!良いですよねー青のシリーズ!
2011/03/08 21:41:58
@AKMI0 BLは玉石混交ですが これは質が高いシリーズだと思ってます フツーにSFですよね でも味付けにBLってとこがたまりません(ジュル) あれ? 逆かな…
2011/03/08 21:51:43
@arkyokko 逆……なんでしょうか(笑)いやもうどっちでも面白かったらそれでいいかなって!!
2011/03/09 12:52:45
@AKMI0 カデンツァ…!楽しみです…いまわたしは「ペルソナノングラータ」を読み返しているところです!ニヤニヤしちゃいますよね。
2011/03/09 13:02:00
@yellow_knife ファイトです!つーかわたしもアタマから読み返したい……
2011/03/09 07:25:43
コメント欄で、「え、三四郎とアーイシャ、朝チュンだけどやってますよね?」とご指摘を受けて気になりすぎて朝っぱらから該当シーンを再読したら、たしかにあれはwwwそだよな、子供の添い寝じゃあんなに緊張しないよな! 急いで読み過ぎだ私w@カデンツァ1話目
2011/03/09 07:26:02
つか朝っぱらからそのままカイト三四郎のとこも読んじゃった件。
2011/03/09 12:25:21
@CAPBKK す、すみません……興味津々で……!
2011/03/09 12:39:31
重要積読消化まで再読はしないって決めてたのに今朝、カデンツァの肌色シーンだけ拾い読みしてたら火がついたっぽく、今日帰ってから我慢できない気がしてきたw 朝から熱かった……
2011/03/09 23:37:58
@AKMI0 私はキスだけだと思いましたけど… 作者の「後は読者のお好きにどうぞ」って声が聞こえてくるようだわ ええ、好きに考えますともさ カイ三四郎カップル大好きな私としては アーイシャとはキスまで その先は許しまへんで
2011/03/10 09:23:08
@AKMI0 再読しました 確かにやっちゃった感ありますね 三四郎の事だから優しくしたんだと思いますけど…腰が重くてより、胸が重くて空港まで行けなかったんだろうな だから一発カイにひっぱたかれるのか…ナルホド

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手