汚された聖王子?黒犬婚姻譚?( 上 ) ( 二見書房 シャレード文庫 や)汚された聖王子?黒犬婚姻譚?( 上 ) ( 二見書房 シャレード文庫 や)
矢城 米花 佐々木 久美子

二見書房 2010-01-22
売り上げランキング : 94772

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


下巻待ちで、よっしゃ発売されたし読むぜ!!
と思って朝イチから読み始め、読了後に気付いた。

下巻、発売を確認しただけで何とまだ買ってなかった!

ボーイズラブで上下巻だと、揃えてから読んだ方が精神衛生上好ましいから積んであったというのに、なんたる失態。
間抜けすぎて突っ込む言葉も思い浮かびません。
脱力しつつ下巻を注文しました。

あああ……あほすぎる。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。


この身に代えてもお守りするつもりだったのに… 主であるフィルスを蔑む芝居で犯し続けなければならない側近の夜刃。すれ違う二人の想いは──。

叡智を湛えたエルフの血を継承する王子フィルスは、若返りを願うダイラート帝の欲望によって国を奪われ、 その身を囚われた。帝は聖なる鉱石を取り出す力を持つフィルスを服従させようと辱め、頻繁に男の淫気を得 なければ狂気に陥る術を植えつけてしまう。領民の命と引き換えに凌辱に耐えるフィルスの脳裏に浮かぶのは、 幼い頃奴隷商人から買い受け、主従として信頼を寄せ合ってきた夜刃のことだけ。 しかし夜刃は敵の矢を受け生死もわからない。絶望の募らせるフィルス。それでも術は確実に性欲を煽り立てていき──。


エルフのとんがり耳の金髪美形王子が、敵国に人質として囚われ、さんざん弄ばれます。
敵国の皇帝、アメーバー状の触手、身分を隠されて部下の兵士、実は好きだと自覚してしまった従者、敵国の雑魚兵士……

とりあえず、1冊まるまる、心を通わせたベッドシーンが皆無ってすごく珍しいですよ。
ひたすら無理矢理ですよ。

最終的にはカップルになる相手(これが従者)ですら、不本意とはいえ無理矢理コトに及んでいます。
主を苦しめたくないからと、自分に憎しみを向けさせる為に無理矢理……というシチュエーションなのですが、これがまた残念演技の大根役者で。
ソッコーで王子に見破られてしまいます。

せっかく逃げ出したのにまた捕まり、今度は好きだと自覚した従者の前で、従者の命を守るために敵国の兵士に蹂躙されます。
肌色的悲劇の王子様……なんか不憫。

そして、そんな扱いを受けたご主人様にプッツンきた従者が、何と犬に変身してしまいます。
なんでもその昔、犬と人とが交わって生まれた一族だという言い伝えがあったらしいですが、何とリアルに変身!
しかも、変身を解いても耳と尻尾がそのまま残っちゃったという!

半分わんこ攻。

しかも性格じゃなくて外見がわんこ。
これはあれか。
男性向けにたとえるならネコ耳メイド的なあれなのか。
下巻で、その格好でシリアスな戦いに挑んじゃうのか!
想像するとシュールすぎて笑える……。

一穴一棒制しか認めない!という方には地雷原な作品ですが、そのへん気にしないファンタジー好きとしてはムフフなお話です。

さて、楽天さんの迅速な仕事に期待……。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手