銀の星 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)銀の星 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)

芳文社 2010-01-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブコミック・レビュー


非実在青少年に気を取られたり日常のあれこれが重なって、ホントに読書に集中しにくい1週間でした。

その代わり、ネットでいっぱい規制絡みの記事読みましたけども。
そちらにも目を光らせつつ、そろそろ桃色読書も再開したいところです。

その桃色読書に一気に引き戻してくれたのがこれ。
いやもう! 
いろんな意味でファンタジー!
ある意味ボーイズラブの真骨頂かと思いました。


以下ネタバレ妄想注意!



紹介文です。
雪山で遭難しそうになった貴族のヨニを狩人のアズレトが助けた事をきっかけに、2人は身分を越えた恋人同士となった。ところが、それを快く思わないヨニの兄・イクセルがムリヤリ連れ戻そうとして!!? 終わりのない陵辱の果てに迎えた衝撃のラストとは!! 感動的な表題作ほか、裏の世界に生きる少年たちの切なく儚い恋愛模様を描く読み切り2作品+濃厚ラブ&H描き下ろしつき。


ストーリーだけ読んだら、というかあらすじだけで最後まで展開を説明したらとってもシリアスでとっても素敵な純愛なんですよ!

受攻がお互いを思いやったりとか、受が攻を守るために身体を投げ出したりとか、受の兄がだまされて弟にあれこれ酷いことしたけど、目覚めて和解したりとか。

要所要所をきっちり押さえて、受は予定調和で酷い目にあうけど、攻には愛されてて最後はハッピーエンド。
ある意味、山あり谷ありのファンタジーの王道なんですが。


なぜか、ものすごく肌色なんですよ。
もうどうしましょうって。
日常会話をしながら、そのままのテンションで服を脱ぎ始めちゃうんですよ。
脱いだあとも普通に会話しながらどんどんHが先に進んでいくのです。
なぜこの流れでお洋服を脱ぐんだ!?
という外野の突っ込みなどハナっからスルーですよ。

ちゃんとストーリーがあるのに801な作品なのです。
こういうの、絶妙のバランスって言うのかもしらん。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手