ブログネタ
ボーイズラブ・レビュー に参加中!
夏服 (幻冬舎ルチル文庫)夏服 (幻冬舎ルチル文庫)
テクノサマタ

幻冬舎コミックス 2009-11-17
売り上げランキング : 3234

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


12月に入って仕事もいよいよ大詰めを迎えつつあります。
修羅場突入3秒前の静けさとでも申しましょうか。
あれこれのトラブル爆弾を抱えたまま火薬庫の中を爆走してる気分です。
つまずいたらそのまま点火→終了……という、危険な綱渡りです。

私の血管と胃袋の耐性試験でもしてくれてるのか!?
とこめかみをひくつかせつつ、でも帰宅したらとりあえず最低30分は読書。
ボーイズラブが楽しく読める余裕があるのでまだ大丈夫みたいです。


人の苦労を余所に、本の中では高校生が青春街道ど真ん中を突っ走っておりました。こんな時期、自分にもあったんだっけか。
と、遠い目になりながら読んでおりました。

以下ネタバレ妄想注意!

紹介文です。
高校1年生の茅原は、毎日朝食を買うコンビニで見かける先輩・坂江のことが気になっていた。やがて、坂江の大人びた外見とは違う意外な一面を知るたびに、どんどん彼を好きになっている自分に気づいた茅原は…。出会い、初めての恋、先輩の卒業、そして数年後のふたり―。甘くやさしく、そして切ない。恋する気持ちを丁寧に描いた、珠玉のラブストーリー。

学園ものボーイズラブは、一時のブームを思えばずいぶん下火になりましたが、個人的には大好きなジャンルです。
しかもこの作品は、もうほんっとに青春してます。
異様な権力を持った生徒会とかは一切出てきません。
地に足のついた、夏の青空みたいなさらっとからっとしたお話でした。

先輩がやたら爽やかでびっくりします。
こんな先輩、私も欲しかった!
高校生らしくちょっと舌足らずだったり愛情表現が不器用だったりするところがけっこうツボでした。

そして茅原くん!
コンビニで会うだけだった先輩に何故か恋しちゃった彼は、素晴らしく愛らしいです。視線で相手を追いかけちゃうところとか、アンタはどこの子犬ですか!という……。
なんとなく目で追うようになって、なんとなく気になりだして、はっと我に返ったら恋してました、なんてもう。
たまらん。
いいなー、かわいいなー。

先輩の受験の時に、困らせちゃダメだとわがままを我慢したり、先輩の元カノに嫉妬して泣いちゃったり。
可愛すぎました。

先輩の友達もなにげにいい人で、読んでてほっとするお話です。
きっと彼らの毎日はなーんもなくてもキラキラ輝いてんだろうなーと、ちょっと羨ましく思ったのでした。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手