ブログネタ
ボーイズラブ・レビュー に参加中!
そして続きがあるのならそして続きがあるのなら

竹書房 2009-11-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブコミック・レビュー


けっこう忙しいのに読むのも買うのもやめられません。
本日は気分転換もかねて久々にリアル本屋さんに突撃、ボーイズラブも非ボーイズラブもあれこれ取り混ぜて抱えられるだけ抱えてお買い上げしてきました。

レジに山と積み上がった本達を見たレジのおねーさんが恐る恐る、

「カバー……どうされますか?」

と聞くので、さすがにこれ、頼むの鬼畜だよなぁ……と思い、断りました。
でも、そんなあからさまにホッとしなくても!


というわけで、本日の収穫の中の、表紙買いした1冊です。
以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
気のない麻雀漫画誌の編集者・坂口は打ち合わせ途中に立ち寄ったコンビニで偶然、高校時代の後輩・藤代と再会する。 藤代は坂口に漫画家になることを諦めさせた才能の持ち主だったが、漫画を辞めバイト生活を送っていた。 もう一度、藤代に漫画を描かせるためにあれこれ世話を焼く坂口。 藤代の漫画が評判になり、大手に引き抜かれてふたりの関係は終わったかと思われたが―。 暴力編集とヘタレ漫画家の10年越しの想いを描いた表題作と、人気漫画家とそのマネージャー(兼恋人同士)となったふたりのその後を描いた続編他、読みきり1編を収録した最新作品集!!

咥えタバコのメガネ男が攻かと思ってたら、ちょっと暗めな表情の長髪の方が攻でした。
いわゆるヘタレ攻っつーやつでした。

職業的にいうと、漫画家×編集です。

再会した編集受のマネジメントで人気漫画家になっていく攻。
でもどんなに人気が出ても大手から本を出しても、攻は受のためだけに漫画を描いていたのです。

もう俺がいなくてもいいだろ、と、ちょっと受が嫉妬して同居してた家を出て行こうとしたら、なんと漫画家、


できあがった〆切間近の原稿をビリビリに破り捨てやがりましたからね。

ありえん。
出て行ってる場合じゃないよ編集。


なんだかんだで結局、元の鞘なんですが、見事なまでの攻のヘタレっぷりがなかなかたまりません。



で。
今回最大の突っ込みどころがあります。
ストーリーは関係ないです。
まったくないです。
問題はです。

更に言うならです。


はっきり言っちゃうとスネ毛です。


作家さんによって、男の身体を何処まで忠実に絵にするかは千差万別です。
どこもかしこもツルツルの美肌男しか描かない人もいれば、あっちこっちにリアルに生やしちゃう作家さんもいらっしゃいます。
私はどっちでもOKです。まぁ、そのキャラとか話によります。

今回は描く方の作家さんでした。
しかし。
しかしです。


なぜに、受の脚にだけ立派なスネ毛がぼうぼうで、攻の脚はツルツル美肌なんですか先生!!!


逆だろ。フツーは逆だろ!?
……私は一瞬、タコさんイカさん現象で、受と攻の脚の位置を間違えて描いちゃったのかと思って、まじまじと絡みのシーンを凝視してしまいました。
もちろん、そんな間違いはありません。

何の試練かと思いましたが、まぁ3コマも見れば慣れました


もはや受のスネ毛程度では私のやおいファンタジーは崩壊しないようです。
思えば遠くまで来たものです……。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手