執務室の秘密 (SHYノベルズ)執務室の秘密 (SHYノベルズ)
うえだ 真由

大洋図書 2009-10-29
売り上げランキング : 7172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


今週は、出張中に溜まったあれやこれを片付けるハメになりました。
突発的な予定だっただけにこの時期に会社をあけたのは痛手でした。
無事に軌道修正できると良いんですがなかなか厳しいラインで攻防が繰り広げられております。あああ。

お仕事はお給料分。
業務上のプライドもお給料分。

割り切っていても仕事が積んでくるとお金にならない残業もせざるを得ないわけで。
世知辛い世の中です。
ボーイズラブもお預け気味でした。しょんぼりです。

でもまぁ、割り切れるだけマシよね……とこのお話を読んで心から思いました。
検察庁勤務の検察官たちのお話なのです。
ガチガチの職業です。
そんな組織の中で折れることを知らない受。
いやもう大変です。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
「中途半端な抵抗じゃ、逃げられないよ」
東京地検の検事・歩己は、同期の毅と密かに交際中。
しかし真面目な毅は、本当に付き合うのは自分が弁護士に転職してからだといってキスまでしかしようとはしなかった。その言葉を信じていた歩己だったが、 年下の御森検事と食事に行った日に、 酔って無防備になったところを襲われてしまう。 最初は拒んでいた歩己だったが、御森の手管には敵わず・・・。 その後も写真で脅し関係を迫る御森。


今回の関係はちょっと特殊というか、地味な三角関係……というかプチ浮気的な関係が最後まで続きます。

清い関係(何しろ、告白したらそのままベッドになだれ込むのがデフォなBL業界でキス止まりだ!)でおつきあいを続けていた歩己と毅。
ちなみに毅はノンケです。
職業上、男同士であれこれとかヤバイから、俺が独立して弁護士になるまで身体の関係はお預けね! と真顔で言っちゃう男です。

なんかこう、付き合ってる女の子に、

「君のことが大事だから結婚までは清い関係でいようね」

という男を彷彿とさせて何とも言えない気分させてくれる攻です。

うっわー、こんなヤローとの恋愛沙汰を読むんか……とちょっと引き気味にページをめくっていたら、なんと受はやり手の先輩検察に横からかっさらわれ、ラストまで浮気っぽい雰囲気を引きずった挙げ句に、清い交際相手だった毅は捨てられました。
こう来たか……。
若干予想外の展開が楽しいお話でした。


受はとても若くてまじめで、世間ズレしてなくて、ひたすら職務に対して誠実であろうとします。上からの圧力で取り調べの結果をねじ曲げるなんもっての他と、最後まで自分の意志を貫いた結果、辞職してしまいます。
うわあ……生きにくいだろなー彼。
というか、やめても弁護士になる道があって良かったねと。

恋愛あれこれよりも、受の葛藤とかほうに気持ちを持っていかれた感のあるお話でした。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手