ブログネタ
ボーイズラブ・レビュー に参加中!
不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)

幻冬舎コミックス 2009-07-15
売り上げランキング : 595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


暑くて暑くて溶けそうです。
冷房の効きが悪い職場が恨めしい。
お盆を目前にせっせと働いているわけですが、誠に遺憾ながらどうにもこうにもキチンと終わる気がしません。
困ったものです。

さてさて、今回はけっこう本格的な特殊職業ものボーイズラブです。
同作者のインクルージョンも一緒に読んだのですが、こっちの方が好でした。
主に受の性格が私好みだったことが原因だと思われます。

以下ネタバレ妄想注意!

紹介文です。
大手時計宝飾会社に勤めている羽室謙也は、ゲイと噂のひとつ年上の契約デザイナー・三橋颯生の仕種や雰囲気の色っぽさに、うろたえ混乱しながらも惹かれていた。そしてついに颯生に告白する。謙也を密かに気に入っていた颯生は、その告白が興味本位なものだと思い落ち込みながらも、「試してみるか」と思わず謙也を挑発してしまい…!?

宝飾業界ものでした。
光り物は大好きですが、そんなに詳しくはないのと、主に財政状況の問題により常識はずれな高額商品に目を向けたことがなかったので、ジュエリーとアクセサリーの違いを本作ではじめて知りました。
もしかしてこれってわりと常識だったんでしょうか。

受はジュエリーデザイナーという職でした。
あんなちっこい輪っかのデザインを起こしたり作ったり出来る人種というのはすごいですね……。
でも職業的な凄さより、性格の素敵さの方に釘付けでした。
なんというか、可愛いんですよー。
微ツンデレデレと言いますか。
ちょっとだけツンっとしてるんですが、基本が可愛いもんですから攻と一緒にもうメロメロでした。
前の恋愛で懲りて色々と臆病になってたのですが、そのトラウマがちょっとずつ解きほぐされていくあたりが良い感じです。


そんで、攻。
半分天然のくせに無自覚に格好いいことをしたり言ったりして相手をメロメロにしてしまう罪な男です。
そもそも、つきあい始める発端から飛んでます。
受がゲイであるという噂を聞き、好奇心から彼らのあれこれをネットで検索して、あまつさえそれを当の受本人に喋ってしまうんです。
ありえん!
そーいうサイト見て、受さんもそーいうことすんのかと想像したら勃っちゃったとか、本人に言っちゃうんですよ、仕事相手でもある相手に!
この男なに考えてんだ!? と、軽く目眩を覚えました。
もう3秒ほど考えてから口開いた方が良くないかこの攻。
そのおかげできっかけが出来て紆余曲折の末に何とかお付き合いにまで至ったわけですが。

なんかとても楽しいカップルのほんわか愉快なお話でした。


ちなみに、受がどーしようもない社長の下で理不尽なリテイクを食らい続けるくだりに関しては、相当な感情移入を致しておりました。うんうん、そーだよそーなんだよっ、分かる分かる……。
頷くたびに何か虚しいものが胃のそこからせり上がってくる気がしないでもなかったのですが……いやはや、お給料をもらうのは大変です。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手