ブログネタ
ボーイズラブ・レビュー に参加中!
うちの執事は策略家!? (角川ルビー文庫)うちの執事は策略家!? (角川ルビー文庫)
水城 薫

角川グループパブリッシング 2009-04-01
売り上げランキング : 2719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


今日は朝から昼はひたすらわんこと戯れ、夕方からはボクシングの試合観戦と、アグレッシブなスケジュールでした。
ま、後半に関しては自分は見てただけなんですが。

で、本日のボーイズラブは昨日読了したうちの1冊です。
この作家さん、かなり初期の(デビュー作)のキス~のシリーズが好みの作品だったのを思い出して買ってみました。
なんか頑ななまでに愛してると言わない硬派(?)なキャラがいたのです。

でもなんかちょっと、つーかだいぶ、作風変わった感じでした。


以下ネタバレ妄想注意!

紹介文です。
甘根愁輔はぽやぽやお坊ちゃまな大学生。未だにひとりで電車にも乗れない…なんて超箱入りになってしまった原因は、24時間べったりな美形のお世話係・成田彰史のせい。だけど最近、彰史に結婚話があることを知り愁輔はショックを受ける。悩んだあげく友人に相談した愁輔は、彰史とずっと一緒にいるために、彼を誘惑することを思いつくけれど…?「一度味わったら、もう私の歯止めはききませんよ?」実は腹黒(!!)お世話係×天然主人の独占欲満載な主従ラブ。

まぁとりあえずストーリーはこの際横に置いておくとしてだ。
大学生にもなって、

「……だよねぇ」

と間延びした独白を連発する男はいらん。
受でもいらん。

可愛くて天然で健気な受は好きですが、この作品の受は私のストライクゾーンを見事にハズしてくれてます。もう四死球。死球レベルでさよならしたい。


で、攻。
こいつは、ひたすら受を甘やかします。
めちゃめくちゃ箱入り息子に仕立て上げております。
執事の仕事……つーか坊ちゃんのお目付役というか教育係として、色々踏み外してると自覚して態度を改めないと、そのうちクビですよ。
しかもひたすら従順に仕えているのかと思いきや、ある時ぷつんと理性を飛ばして裸の坊ちゃんに手を出してしまいます。

そしてそのままベッドに。


大雑把にまとめると、
執事はずっと坊ちゃんが好き。
坊ちゃんは執事が好きだがお子様過ぎて自覚できず。
途中、受に恋愛感情を自覚させる為、受の姉と執事の偽装結婚騒動というオプションがありましたが、それも割とあっさり流れていき、受はひとり、「彰史の特別になる為には抱いてもらわなきゃ」といよく分からない論理展開の元、相手が傍にいるのをいいことに即実行に移してしまい、きっぱりはねつけていさめるべき執事は、受の拙い色仕掛けにあっさり陥落→ハッピーエンド。

で。
で?

一体この1冊のどこに、

策略家な執事

が出てきたんでしょうか。
……しばらく考えて、もう一回じっくりタイトルを見直してみたら、最後に「!?」が付いておりました。

OH!
末尾にまさかの疑問符!
そして。
後から気付きましたが発行日が4月1日

……やるなルビー!

なんとなく丸め込まれた気もしますが納得。
しかしなんでだろう。
突っ込みどころがありすぎてところどころ笑い転げながら読んでいたからでしょうか。
どうにも憎めない、愉快な作品なんですよねー。
もうイラストの受とか、どう見ても小学生じゃん。
策略家つーか、もうこの執事さん、やに下がったショタにしか見えないんですよ!
いろいろ楽しすぎました。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手