ブログネタ
ボーイズラブ・レビュー に参加中!
春待ちチェリーブロッサム春待ちチェリーブロッサム
松前侑里

新書館 2009-02-07
売り上げランキング : 947

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


青春ですよー。
あかん。ふわふわ眩しすぎて正視できない。

いいなー高校生!
遙か昔は私も現役だったんだけどなー。
でもたぶん、現役の時だってこんなにときめいてなかったよなー。

今回は教師×生徒だったんですが、そーいえばウチの高校はやたら教師と生徒のカップルが多かったのを思い出してしまいました。(あいにく、男女のカップルばっかりでしたが) どこのガッコもそんなもんなんでしょうかね。


以下ネタバレ妄想注意!

紹介文です。

中三のバレンタイン。悦也は雪の公園で出逢った酔っぱらい男になりゆきで親友の護への恋を相談し、諦めるなと励まされる。男の言葉どおり護と同じ高校に進学する悦也だが、護と彼女の幸せそうな姿を見せつけられる日々に早くも後悔を始めていた。そんな時、実は教師だった酔っぱらい男・稜に再会。ゲイである自分を偽って生きようとする稜に反発しながらも相談を重ねるうち…?先生×生徒の恋のエチュード。


失恋して雪だるま相手に酒盛りしてる男に励まされ、頑張ってみようと、恋した親友と同じ高校に進学。
そしたら、あの日の酔っぱらいが、実は学校で人気者の英語教師だった、というはじまり。

親友が好きなのに、その親友には彼女は出来るわ、なぜか自分まで女の子を紹介されてダブルデートする羽目になるわのさんざんな学校生活。
当然、その鬱憤は、あの日偶然出会って励ましてくれた男に向かいます。
まぁ、分かりやすくいえば八つ当たりです。

相談と言いながら、悩みを打ち明けて、なんだかんだ構ってもらっているうちに、おっとっと、親友より相談に乗ってくれる先生の方を好きになっちゃった!


という、まぁベッタベタな展開なわけですよ!
最低だの大ッ嫌いだのとツンツンしつつ、フタを開けてみたらデレデレだったという。
いやもう、若いって良いですね。

まぁ、リアルに生徒にケータイ番号まで教えたりして相談に乗ってくれる教師なんか滅多にいないですけどね。学校はそういうのすっごい嫌がりますし。
でも嫌じゃない身近な大人が親身に相談に乗ってくれると、色々助かるコトって多いと思います、恋愛相談じゃなくても。
そういう意味で、今回の攻はなかなか良い男でいい大人で、良い先生でした。

ついでに、自分はさんざん相談に乗ってもらったくせに、いざ恋人同士になると、先生に相談する生徒に嫉妬しちゃうんですよねー。可愛いな受!


若い子と付き合って勇気が湧いてきたのか、先生も自分のトラウマというか家族と向き合う気になって、性的指向を打ち明け、とりあえず女性と結婚して普通の人生を送ろうという決心を翻します。
やー、受け入れてもらえて良かったです。

せっかく爽やかな青春恋愛エチュードなのに、そこで踏み外したらあっと言う間に泥沼修羅場展開まっしぐらですからね!

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手