ブログネタ
ボーイズラブ・レビュー に参加中!
可愛いお前は俺の犬可愛いお前は俺の犬
高月 まつり

二見書房 2009-01-23
売り上げランキング : 5559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


あーえー。
今年の流行はお犬様なんでしょうか。
最近ちょくちょく、ボーイズラブ系の新刊タイトルに「犬」という文字を見かける気がします。見つけるなり手を出してしまう私もたいがいアレですが……。

893、遊郭、執事ときて今度は犬。

いいですけど。
面白ければほんと、なんでも良いんですけど。

ときどき、このジャンルはどこまで手を広げる気なのかと、ちょっとした不安を覚えてしまうのでした。


個人的にはSMも犬も大好きなんで流行自体は大歓迎。
たくさんの名作&迷作が生まれますように!


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
高校教師の駆は、とある理由から立派なM男になるべく凄腕調教師を訪ねる。しかし、駆の前に現れた調教師は高校時代の同級生で…
完全ノーマルな高校教師の村山駆は、とある理由から立派なM男になるべく凄腕調教師の門を叩くことに。しかし、駆の前に現れたのは高校時代の同級生・平坂興司だった。 ――「お前はただ、俺に可愛がられて、腰を振っていればいい」歴代最高の生徒会長と謳われ、一部では菩薩様とあがめられていた興司は、美しい顔で平然と淫靡かつ屈辱的 な命令を告げてくる。だが、慣れないスレイブ生活の中時折与えられるキスは、恋人と錯覚しそうなほど甘く濃蜜なもので……。

惚れて結婚まで考えていた女が実はとあるSM店の女王様で、しかも一番人気だと知った受。普通はそこで諦めそうなモンですが、この男はへこたれませんでした。

惚れた女がドSなら、俺は立派なドMになってみせるっ!

と、女王様の予想を斜め45度上を行く決意と共に、鼻息も荒くM調教師の元を訪ねる受。
でも登場した瞬間、読者に「受」の名札を首からさげられるようなキャラが本懐を遂げて女王様と幸せになれるはずもなく。(それ以前に「BL」ジャンルにいる時点でアウトなわけですが)
敷かれたレールの上を真っ直ぐ突っ切った受は、調教師の攻とラブラブになってしまうのでした。


オビに、

『はい』以外の言葉は許さない、いいな?


とかステキなことを書いてあったのに、割とゆるめの躾でございました。
もっと強烈にやっちゃえばいいのに!
と思うんですが、攻は惚れた弱みなのか本気で受をMに仕上げるつもりはないっぽかったんですよねー。残念

この口の減らないちょっぴりウザい性格の受が、プライドも反抗心も減らず口もまとめて丸めてゴミ箱に突っ込まれ、ボロボロ真っ白になったところに1からM男の何たるかを叩き込んで欲しかったのに!
……なんか人格疑われそうなコト書いてしまってますが。
だってけっこうキツめのSMだと思って買ったんですもの!


なんかぬるく調教の触りだけやって何事もなかったかのようにラブラブになってるんですよ。ええええ、そこもうちょっとしっかり躾しようよと思っちゃうじゃないですか。

結局、女王様は、受けが単身立派なMになるべく頑張っている間に運命の相手を見つけてよろしくやっており、その時点で冒頭の受の野望は潰えます。
で、あぶれた受はめでたく調教師と……って、そ、そんなのいやだ……。


そんなんアリかよと思っていたら、あれよあれよといううちに話はまとまり、受は犬と書いて恋人と読む位置に納まっており、めでたしめでたし。
そこは潔く犬と書いてドレイと読むところまで突き抜けて欲しかったなぁと、友達無くしそうなこと考えながら読み終えました。

どーでもいいけどこの攻も趣味は悪いなと思いました。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手