SIMPLEX DEADLOCK外伝SIMPLEX DEADLOCK外伝
英田サキ

徳間書店 2008-11-22
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


DEADLOCK』シリーズの番外編です。
本編では主人公の受に片想いして失恋した可哀想なボブの面目躍如です。

ようやく彼にも春が……というお話。
ロブはなかなかに良い男だったので、彼が活躍する話が読めて嬉しかったです。

いやしかし、感情表現が苦手で不器用な受というのは、萌ますな。


以下ネタバレ妄想注意!

紹介文です。

犯罪心理学者ロブの誕生日パーティに届いた謎の贈り物。送り主はなんと、かつて全米を震撼させた連続殺人鬼を名乗っていた―!!ロブの警護を志願したのは、金髪の怜悧な美貌のボディガード・ヨシュア。すこぶる有能だが愛想のない青年は、どうやら殺人鬼に遺恨があるらしい!?危険と隣合わせの日々を送るうち、彼への興味を煽られるロブだが…『DEADLOCK』シリーズ待望の番外編。


のっけから耳ですよ。
いやま、大したスプラッタですこと。
誕生日に耳はいらんなぁ……いくら持ち主が金髪美人のおねーさんのモノだったとは言ってもな……。殺されているんじゃシャレにもなりません。

けっこうシビアというか、シリアスというか、痛い話でした。
過去にヨシュアの姉がこの凶悪犯罪に巻きこまれて亡くなっており、今回その模倣犯が現れたと言うことでヨシュアは休暇を割いて動きます。
耳フェチ殺人鬼の模倣犯にターゲットにされたロブを無料でガードするのです。
その過程で、まぁあれこれあって、惚れた腫れたの流れに傾き、酔った勢いでちょっとキスしてしまったり真面目な告白大会が始まったり。
もの凄く正しい順序で恋愛が進んでいきます。

極めて珍しい展開パターンです。

好きだ、俺もだ、じゃあベッドに!

という、欲望に忠実すぎる流れでは、無い! のです。


過去の家庭環境がトラウマで、男同士の壁よりさらに高くてぶ厚い壁を越えねばならなかったヨシュア。
ゲイではない、でもロブに惹かれていて、好き。たぶん一緒にベッドに入ってのあれこれも出来る。
でも、恋人にはなれないかもしれない。
人と深く関わること自体が怖いから。

と、もの凄く真面目に真剣に悩んで考えます。
そしてとっても大人で格好つけてしまうロブは、余裕ぶっこいた物わかりの良い男の仮面を三枚ほど被ってアドバイスをし、ヨシュアが答えを出すまで待っているのです。
待ったのきく攻はステキですね!


今回は脇役に回っていたユウトと、ユウトがいる時はドミノピザが頼めないちょっと尻に敷かれ気味のディック、トーニャ、ネト、パコなんかも懐かしい面々も登場して良い感じに楽しめました。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手