いやもうね……いいんだよ、インテリアとか。オシャレさなんか求めてないの。
でも現実問題、普通の本棚を置く場所がないの。
奥行16㎝とかで何とかなるかもとか思っても、高さが175㎝とか190㎝とかでとても部屋には置けないの(自室の天井は三角屋根で、オマケに170センチくらいの高さにぶっとい梁がある)。
同じような幅・奥行の回転式本棚も回転させられる余裕のある場所が確保できないの。
つか、そもそも今あるホモタワーすら、もう半分くらいしか回転させられないので、後は人間が動かなければならないのです。

そんなこんなで唸りながらネットの海を漂っていたら、見つけてしまったんです。
以前購入した積ん読用本棚「サピエンス」のダブルバージョンを!
その名も「Duo Sapience 」。某ガンダムの三つ編み少年を髣髴とさせるその名前からしてステキです。
しかも今現在も満員御礼のサピエンスと、サイズは一緒。
つまり、隣に並べるか、1年以上スイッチすら入れていないTVを廃棄処分すれば置ける!メジャー片手に確信した私は、値段には目を瞑って購入を決意。


……落ち着けよ私。
頼むから落ち着け
な?


もう10時間ほど前に注文ボタン押しちゃったから手遅れなんだけどさ。



焼け石に水


って言葉、知ってるよね!?


今更、100冊やそこら収納できる棚が出来たところでそれが一体なんだというの!
あれこれ10シリーズほど諦めて捨てるか売るかしなさいよ!!
るろ剣とか、コミックスと完全版がダブってるじゃないの!

馬鹿じゃないの!?


いやもう……でもね。
出来る抵抗はすべてやってからじゃないとさ……。
こう、諦めがつかないと言うか。
仕事の資料すら収納できなくなってきてる現状を見るとなんかもう。
さすがにヤバイと思って、思い切って本棚ひとつ空にするくらいの大整理は必要だなと思って今日うっかり手を付けはじめてしまったわけです。
そうすると、どーっしても保護しときたいアレとかコレとかソレとかがわんさか出てきてですね。


「この本棚をあけるにしても、これとそれとあれとは残したいから、最低この子たちを収納する本棚が必要よね!?」


という非常に頭の悪い結論に達してしまいまして。


アホですね……さっき冷静になって自覚しました。
でもまぁ、使ってないTV(なにしろ画面がPCより小さい)とTVボードは捨てても良いよね……そこに本棚増設は、普通だよね、うん。
この立て積み本棚が来たら、なんか色々諦めてざっくり整理がはじめられる、と信じたいですはい。


それにしても、この積ん読専用本棚、オシャレで格好いいんですよね……。
リビングとか寝室とかに置いておいても、インテリアとして違和感ないんですよね。

ごめんねごめんね。
そのスタイリッシュさとか見てくれとかに一切留意しないで肌色全開のお兄さんの保管庫扱いしちゃってごめんね。
でももうひとつも隣に並んで確実に同じ運命を辿ることになるのです。


嗚呼……書庫が欲しい……。
つか、昔自分が書いた記事を読んでまっっったく成長していない自己を再確認。
もうどうしようもないですね。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手