世界一初恋    ~小野寺律の場合~世界一初恋 ~小野寺律の場合~
中村 春菊

角川グループパブリッシング 2008-07-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブコミック・レビュー


純情ロマンチカの人の新刊だ~と、フラフラとレジへ。
表紙がピンクでもとりあえず着衣なら問題なし。
成長の跡が窺えるこの感覚……良いのやら悪いのやら。

しかしオビ。
なんでここで「CLAMP先生スイセン」なんだろ。
CLAMP先生はとりあえずこんなとこで人の本スイセンしてないで、早くX何とかして下さい。

さて、初恋は実るのかがテーマなこの作品。
恋の舞台は少女マンガ編集部です。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。

訳あって丸川書店に転職した途端、未経験の少女漫画編集部に配属されてしまい途方に暮れる小野寺律。おまけに傲慢不遜なやり手編集長・高野政宗との因縁が発覚し…!?

高校時代、勢いあまって告白して、ただの勘違いから一方的に憧れの先輩に回し蹴り食らわして終了してしまった初恋。
それが社会人になってから再燃……というか、昔とは状況は一転。
一方的に告白され、別れを告げられた先輩が今度は追いかける側にまわる模様です。

戦場は、その先輩が編集長を務める少女マンガ編集部。
入社初っぱなから、律(受)は衝撃の場面に出くわします。
校了直後の編集部。
一番見てはいけないものを見てしまった気の毒な主人公なのです。
屍累々、魂半分抜けかかったみたいな人々が揃って白目剥いてるような凄まじい光景を入社早々に見せられたら、その場でまわれ右をしたくなること受け合いです。



作者ご本人に聞きたい。是非聞きたい。
作中に出てきたあーんな修羅場やこーんな惨状は、


実体験なんですか?
と。


ボーイズラブ業界では良く聞くじゃないですか、こんな台詞。

同じ男だろ、どこがイイか分かってんだろ?

って!
同じ思考回路で考えてたら、思いますよね。
作家が作家モノ書いたり編集部ネタをやったりしたら、思いますよね?
同業者だからわかるんですかって。
それってリアルに起こったあれこれなんですかって!


一回捩れた初恋修復の場所が職場で、しかも上司と部下。
しかも先輩には名前で呼ばれるような同僚がいて、なんかあれこれ引っかき回してくれそうな雰囲気満載です。
続きがとても楽しみなシリーズです。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手