ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
スローリズム スローリズム
杉原 理生

幻冬舎コミックス 2008-03-17
売り上げランキング : 14748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


ぼんやり爪をヤスリで削っていたらぼけーっとし過ぎて爪が若干、えぐれました。
とりあえずトップコートで保護してから更新……。

さてこのお話。
読んでいてすごく落ち着くのです。
前作の時も思いましたが、急いでる時は読まない方が良い作品。

癒されます。
読んでる最中は、なんかちょっと良い気分で微睡んでる感じで、読み終わった時、すごくホッとする作品でした。
ああ、ファンになってしまいそう、というかもうなってるか。
だって次に新刊出たら、もう絶対買うもんな。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。

水森に毎週2回必ず電話をかけてくる矢萩は、高校のときからの付き合いで一番身近に感じられる友人。だが、高校生の頃、ゲイである事を告白した矢萩はすました顔をして「安心しろよ、おまえだけは絶対に好きにならないから」といい放った。あれから12年。その言葉どおり水森と矢萩はずっと友達でいるが…。単行本未収録作品&書き下ろしで待望の文庫化。

高校生から社会人までの目まぐるしく環境が変わる時期に、変わらず同じ人を好きでい続けられる一途さにまず脱帽します。
しかも両想いじゃなくて片想い。
12年ですよ12年!
おぎゃーと産まれた赤ん坊が小学校を卒業してしまうんです!
これで報われなかったらこっちが暴れます。

付かず離れずの距離で、親友のポンジョンは確保してあるわけですが、なにしろ水森(受)は鈍い。超絶鈍感男なのです。
もしかしたらほとんど無意識のうちに、自分に向けられる恋愛感情の部分をシャットアウトしていたのかも知れませんが、それにしたって限度があるよ、という鈍さ加減です。
ぶ厚い皮のゾウだってもうちょっと敏感なんじゃと思います。

なので、彼らのまわりにいる友人後輩たちの同情票は矢萩(攻)に一極集中。
そして読んでるこっちも、頑張れ矢萩……と影ながら見守る心境に陥ります。
水森視点なのにこの感情移入。
矢萩の努力が忍ばれます。
もうホントに危ういというか紙一重というか。

ねぇ、親友と恋人の違いっていったい何。

と真面目に考えてしまうくらいの微妙な関係。
身体さえ重ねてしまったらもう恋人なんだろうかとか。
危ういバランスをとりながらよく12年も続いたものです。
綱渡りしながらお互いに歩み寄っていくような状況がじりじりと続きます。
タイトルのまんま。
ゆっくりゆっくり。

で、最後に大揺れのロープの真ん中でひしと抱き合ってそのまま落下、落ちた先がベッドでした、みたいな流れなんですが。
なんかもう、そこまでたどり着けてホントに良かったねぇ!
という気持ちで一杯になってしまいました。

でもでも!
矢萩の苦労は十分に報われたと思います。
書き下ろしの最後の方で、水森が言った台詞がもう。

「ありがとう――俺を大切にしてくれて」

「おまえがゆっくりとゆっくりとふれてくれたから、俺はいま、こんなふうにおまえが好きだっていえるんだ。だって、俺の頭のなかにはおまえがもう住んでるんだ。俺の一部みたいになってる……どうやって消せっていうんだ」

その後にも、じーんとくる言葉が続いて。
誰かを好きになるって幸せだなぁと真面目に考えてしまったりしました。
お互いこんな風に思い合っていたら、世間的にどうこうとか、普通の幸せとか考えなくても、十分幸福だよーと。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手