ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS 少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1)
ミキマキ

新書館 2007-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


ギャグですネタです笑いすぎて腹が痛いです。
ボーイズラブ、略してBL。
そのイロハを手取り足取り楽しく愉快に理解できる良書……かも。

ナビゲーターが男、学ぶのも男の倒錯世界。
腐女子になった彼女がBLに浮気し、結果として振られた美少年が、腐男子への道を突っ走る本末転倒も甚だしいステキ展開から始まる本作。

さてさてこの少年はボーイズラブ界の頂点に立てるのでしょうか。
(こんな、腐女子の数だけ頂点が存在するような、あっちもこっちもエベレストだけど近付いたらみんな蜃気楼だったので登れませんでした、みたいな桃色妄想ワールドで、分かりやすいトップなぞ目指す甲斐があるのかどうかはともかく)


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
新葉芹18歳。容姿端麗眉目秀麗。泣かせた女は数知れず……。そんな彼がなぜか「BLマンガ界の頂点に立つ」という大志を抱いてしまったからさあタイヘン! 友人達を巻き込んで新葉は常識の斜め上を行くBLマンガを描き始めるが!? 愛と野望と誤解の爆笑4コマコメディ!!

そういえば現在のボーイズラブ漫画界のトップって誰だろう。
と、ちょっと思ってしまいましたが、これと言って思いつきませんでした。
売り上げだけなら純情ロマンチカとかなのかな?

まぁなんにせよ、いるかどうかも分からない青い鳥を探しに出掛けるチルチルミチルより不毛な旅に出てしまった少年18歳とその仲間たち。
……18歳。高校3年生……大学受験??


こら受験生! 受験勉強しろよ


BLについて勉強してる場合なのか。
入試に桃色系統の属性判別問題なんて出ませんよ! もちろん漫画の描き方も!
(BL関連科目メインの入試なら死ぬ気で勉強して東大にだって入ってやるわ)
受攻判定が即座にできるようになったって志望校の判定はAになりませんっ!
授業中に桃色雑誌を読むのは止めなさい。
そして堂々と朗読するのもよくないです、慎ましくやりなさい!

だ、ダメだ、突っ込みどころが多すぎて話がすすまん。
真面目にやってたら1ページにつき3カ所くらい突っ込みが入ってしまう……。
だいたいこいつら、ボーイズラブに関する造詣を深めていくのは深めていくんですが、半分過ぎても肝心のBL漫画が1ページたりとも仕上がっていないという。

しかも、腐女子になっちゃった彼女を見返すためにBL漫画を描こうとしたくせに、いつの間にか、

ボーイズラブ>>リアル女

になっていってるんですけど。
そ、そのウェイト、健全な男子高校生として激しく間違ってないか……?


「好きです。私と付き合って下さい」

とストレートな告白に、

「ごめん、今…恋愛って気分にはなれないんだ」
(早く帰って「男×男LOVE」の最新号を買わねば)

ってなっちゃってるんですよ。お、終わっとる。
(それにしてもなんつー雑誌名だ)


後半で出てきた腐女子の姉キャラもまた強烈な御方で。
主人公が描いた漫画に盛大にケチを付けます。

「こんな絵で萌えるかバカ

BLナメてんのか
男がナメていは受の乳首と股間だけだ!!」



いや。
受の足の指とか耳のうしろとか背中とか、他にもナメて良い場所はいっぱいありますが。
そーいう問題ではなく!
……止めよう、多くは語るまい。
でもこのねーちゃん、キャラ濃すぎ。
あんまり出張ると肝心の少年達が霞むからそこそこで良いと思います……。

まぁ、なんだ。
ホントの合体シーンはないし、楽しく正しく(?)BLについて色々描いてあるので、かるーくこっちの世界に首突っ込んでみたい人にもオススメできるかも?
もちろん、すでにどっぷり浸かってる私は心底楽しませていただきました。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手