ブログネタ
BOYS LOVE に参加中!
ASUKA CIEL (アスカ シエル) 2007年 05月号 [雑誌]ASUKA CIEL (アスカ シエル) 2007年 05月号 [雑誌]

角川書店 2007-03-30
売り上げランキング : 240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー(コミック)


1,2話の感想 / 3話の感想

1回連載飛んで、今回46ページ一挙掲載。
堂々の完結です。
な、長かった……でも待った分、読み応えもバッチリでした。

ぜんっぜんまったく、ボーイズラブ的なシーンじゃないんですけど、私は沖さんの描かれる戦闘シーンがとても好きです。
古くは天網夜譚のアシュレイVS桂花とか、柢王VS桂花、最近では桂花VS空也とか。当たり前ですけど戦闘メインの漫画じゃないんでページ数はそれほどないのですが、その少ないページの中でよくあれだけやれるなぁと。
前の話では柢王が敵の首を斬り飛ばしてたしなー。あれは格好良かった。
日常生活では絶対あり得ない構図で新鮮なのかも。
(邪道世界は、空飛ぶわ霊力使った魔法はあるわ武器が成長するわの異種格闘技顔負けの戦闘が当たり前のように繰り広げられます。
強い武将同士がぶつかると、素で山が吹っ飛んだり巨大クレーターができたりと、地形が変わったりします。向こうの地理管理してる人々は大変だろうなぁと、アシュレイが火山を吹っ飛ばすたびに余計な心配をしてしまいます)

以下ネタバレ妄想注意!


武器に舐められたアシュレイが、躾とリハビリを兼ねて山凍と手合わせ。
そして山凍に力負け……。まだ武術では勝てないアシュレイなのでした。
ビノと別れたあとはそのままティアとデートして、迎えにきた柢王に連れられて帰還でめでたしめでたし。

ちょっと最後の方、柢王の額で魔族が暴れてますが、概ね平和なお話でした。
肩の力を抜いて読めるので、気が楽です。

でも、アシュレイの武器を鍛えたビノ、もうすぐ寿命なのね。
職人肌の良い親父なんですが残念です。アシュレイ、凹むだろうなー。
すっげー可愛がってもらってるし。
ビノには跡継ぎがいないのに、この後の武器のメンテナンスとかどうするのかしら。
甘噛み代わりに主人の意識乗っ取るようなじゃじゃ馬な武器の面倒を、この後誰が見るのかちょっと興味があります。おっそろしー。

そしてティアね。
良いんですか。
南の王家の墓で、南の継嗣とコトに及んで、バチとか当たらんのですか!?
お外でなんて健康的ね~っつー話じゃなくっ!
なんか南のご先祖様が化けてでるんじゃないかと冷や冷やしてしまいました。
でも今回、漫画ではなかなかそっちの描写はして下さらない沖先生が大奮発で、ムフフでございました。(そっかー、私、彼女の描く激しい運動シーンが好きなんだわ。青のシリーズの濡れ場とかも)
セリフと絵が全然合致しないティアとかもう最高です。

私は君が誇らしくてたまらない

なんてことを、恋人の足広げながら真顔で言っちゃったりするんですよこの方はっ! ここだけ見たら、恋人のいったいを誇らしく思ってるんですか、守天サマ!! と叫んでしまいそうです。

色気では柢王・桂花の東組に及ばない二人ですが、ラブラブっぷりでは良い勝負してます。溺愛度(依存度?)で言うとダントツでティアです。
最後のコマ、二人でちっこくなって柢王の服の中に納まるなり、アシュレイに吸い付いちゃったティア。人の服ン中でなに晒すかこの色ボケ王子様がっ!!
と思ったら、しっかり柢王に釘刺されていました。

人の服ん中で合体したらコロス!!

いやー。
いくら何でもそこまではいかんだろ…………たぶん


コミックの連載はあと2回で終了だそう。
6巻にするだけの量が溜まって終わるんでしょう。
4人の幸せタイムが満喫できるコミックス、どんな終わり方をするのか楽しみです。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手