ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
恋獄の獣との愛の日々恋獄の獣との愛の日々
吉田 珠姫

海王社 2006-10
売り上げランキング : 23814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


恋獄の獣に愛されての続編です。
……たぶん。

いやま、登場人物は同じですし作者も同じなんですが。
作中時間が1巻から進んだかというと特に進んでいなくてですね。
かといって過去話になったのかというとそういうことでもなく。
1巻の最終あたりのズームアップというか、なんというか。
番外編、というか。


作者が商業誌として発行した同人誌という感じ。


この分量を500円そこそこで読めるならお得なのかもしれません。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。
誰からも愛されずにいた高校生・あさぎが、迷い込んだ異世界で恋に落ちたのは、赤い髪、獣のような体躯をもつ男・ソード。ぶっきらぼうで野蛮な彼だが、あさぎへの愛は一途で情熱的だった。ソードの元へ戻れたあさぎを迎えたのは、更に熱く激しい、そして不器用な彼の愛だった…!戸惑いながらも身体を重ねる二人…獣のようなまぐわいではない愛のある営みに、狂喜し打ち震える―。「ソードさん、これは、愛情を確かめ合う素晴らしい行為なんですよ?」恋は炎となり二人を熱く包む…甘い運命的ラブ。

もう、この紹介文以外にはなんとも言いようのない1冊でございましてですな。


だってこいつら1冊通してラブエ口おのろけ以外のことをなーんもしとらんのです。

もうひたすら愛の日々。
働く不器用な男と結婚した新妻の健気な日常でございます。
300枚からある本文に、よくもこれだけラブラブいちゃいちゃを詰め込んだというべきなんでしょうか。

あさぎ君は地獄に戻ってくるまでも戻ってきてからもひたすらソードとあれこれすることと、いかに長く彼と生きていくかということしか考えてません。

お互いがお互いにベタ惚れのため、喧嘩もナシ。
たまに出てきたかと思った第三者は、ソードに嫉妬心を教えるだけ教えてあっさり退場。


そしてひたすら愛の日々。



いやもうなんていうか……。



ごちそうさまでした。



もしかしたら、これがほんとの801なのかも知れません。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手