ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
おうちのルールで恋をしよう
高月 まつり
竹書房
2006-07-22
定価 ¥ 600
powerd by Amazon360

ボーイズラブ・レビュー


内容に入る前に表紙に釘付けですよ。
いつもとリンクが違うので表紙画像にリンクを乗せてみよう!
ばーんと拡大されますので。

なんかですね……今回の攻様、某死帳マンガの悪役、もとい主人公に似てる気がしてしまって。
あら月、こんなとこで何してるのと。
まぁ、似てたのは見てくれだけでしたけどね!

以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。

保育士、白崎浩一郎には、職場の園児たちよりも手のかかる息子がひとりいる。『クールビューティー、弱冠20歳にして有名モデル』世間での評判は、上々だが、家での息子は汚部屋に住み、ひとりでろくに着替えもできない。しかも、「可愛い父さんがいないと俺は生きていけない」とか「俺の愛は親子愛じゃない」とか意味不明な事をしょっちゅう言い出す始末…。息子の浹と浩一郎は血の繋がらない親子だった。妻が亡くなり、現在はふたりきりの家族。立派に育てようと張り切っている浩一郎の気も知らず、浹は密かに「恋人計画」に闘志を燃やしている。父の『威厳』か息子の『愛』か…。幸せいっぱいのスーパーラブコメディ。

いやもう、なにこのハイテンション近親相○ラブコメボーイズラブ

どーしようもない人間関係で御座いました。

義理の父親を熱愛する息子(攻・月)。
息子の義理の父親に惚れたリアルパパ。


これは新しい……のかな。

血縁同士(含義理)・男だらけ三つ巴恋愛模様。

そりゃ、亡くなった奥さんは草葉の陰で号泣するでしょうよ。
自分のセカンドダーリンは息子と深い仲になり、浮気が原因で別れた元ダンナは自分の再婚相手に惚れ……これは親子どんぶり? でいいのか?

で、その男どもが家の中で痴話喧嘩だか親子喧嘩だか分からないあれこれを繰り広げ、元ダンナが現ダンナに掘られかけ。


おちおち成仏もできやしねぇ。


その人間関係を基本に、終始ハイテンションで続くストーリー。
自分の性的嗜好を「雑色系」と称する攻は、猪突猛進・発情期中の雄犬も真っ青な求愛を続けます。実の息子と元嫁のダンナを争う父親は、

「君を苛めるのは本意ではないが、君が私と浹の間でどう翻弄されるかを見るのは楽しいと思うよ

とさりげに鬼畜なことをのたまい。

義理の息子と嫁の前ダンナに迫られた浩一郎は、「前向きにダメな親子」とドン引きしつつも振り払いきれず。
あれよあれよといううちに、義理の息子と恋人同士になっちゃいました。


まぁほらあれだ。
できあがっちゃったら後は早いですよ、だって義理の親子だから。
既に籍は一緒なんだもん

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手