ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
巫女姫の結末巫女姫の結末
神楽 日夏 佐々 成美

幻冬舎コミックス 2006-01-30
売り上げランキング : 5975

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー



皆様。
半端ない長髪でございますよ。
黒髪長髪美人は大好物の私でございますが、いやはやこれは……。
実に素晴らしいですな。

何と生まれた時から切っていないとか。
のばしに伸ばしたその髪は何と踝まで届くのだそうな。
自分の身長と同じ長さの髪!

初めの数行でこの設定を読んだ瞬間、ほとんど反射的に、



平安美女かよ!?



とツッコミを入れ、平べったい顔に眉点細目のおかめ美人を思い浮かべて一人で吹き出してました。ボーイズラブ業界にそんな受はまずありえんだろうと思いつつ、その昔慣れ親しんだ「国語便覧」の絵巻物やら百人一首のお姫様の艶姿が頭にちらついて大変でした……ふう。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。

幼少時代より父が創設した宗教教団の「巫女姫」としての役割を強いられてきた雪緒。18歳になったある日、教祖であった父が急死して教団が混乱する中、一人の男が現れる。男の名は降旗勲。巨大企業グループを統べる名家の嫡男である勲は雪緒を自分の妻にすると宣言し、教団から強引に連れ去るが――!?

ええと、受の雪緒さんの属性はややツン弱めのツンデレです。
攻の勲さんは「私は攻です」って看板背負って歩いてるくらいに分かりやすい攻男です。

ちなみに雪緒さん、なぜか戸籍上は女になっていて、なんと何の問題もなく結婚しちゃったんですよこの二人。
あまりのスピーディーさにちょっとびっくり。

白無垢の花嫁衣装なんでしょ。
着付けてもらうんでしょ。

なんで誰も気づけへんねん!?
(ちなみに一緒に生活するようになってからも世話してくれる女の人が振り袖とか着付けてるハズなんですが、ばれてる気配がないのです。なんでだ)



そもそもだ。勲さんよ。
花嫁にするつもりの相手をですよ?
女だと思って裸に剥いてみたら実は男だったって時点で、もっと驚けよ!
なんでそのまま結婚なんて話になるのかがわからん。
この男は顔さえよければ性別はどっちでも良い節操なしなんでしょうか。
一目惚れの威力はそれほどまでに凄まじいものなのか……。

あまりにスムーズに物事が進むので、読んでるこっちが焦りました。


ていうかこの話、むしろ雪緒さんが女だった方が萌えたかも


もう125ページの、全裸に黒髪纏わせて男の股間に顔埋めてるイラストとか、普通に男女ですよ。なのに萌
雪緒さん、あらゆる場面でいじらしくて可愛いんですよー。
欲を言えば、初期のあの芝居がかった時代劇の巫女さんみたいな雪緒さんの口調がもっと長続きして欲しかったかも。ツンっぷりが不足していたので。


今回の攻は顔さえよければ男女どっちでも嫁として問題なしの一目惚れ至上主義かつ節操なしでしたが、私もあんまり人のこと言えないと判明。
美人で髪さえ長ければ男でも女でも萌えられるらしいです。
もう何でもいい気がしてきました。

雪緒さんは現実逃避を続けるアホ信者のせいで大切な髪をばっさりやってしまいましたが、是非ともまた伸ばして頂きたいですね。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手