ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
吸血鬼と愉快な仲間たち Holly NOVELS吸血鬼と愉快な仲間たち Holly NOVELS
木原 音瀬 下村 富美

蒼竜社 2006-12-15
売り上げランキング : 4595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


ええ、ここのところ、レビューブログなんだかネタ日記ブログなんだか良く分からない様相を呈していた「ボーイズラブを読む!」ですが、そろそろ本来の主旨を思い出して本の感想を書いていきたいと思います。

この作品が、私の今年の読み始めとなりました。
吸血鬼が出てくるファンタジーボーイズラブです。
やー、一発目からアタリとは先行きの明るい話。
こういうノリは大好きです。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。

ある夜、警察は真夜中に全裸で徘徊していた外国人の若い男を強制わいせつ罪で捕えた。入国した気配もない男は「強盗にあい、身ぐるみはがれた」というが、日本国内でそんな事件の前例はない。不審に思った警察は、男を一晩拘置所に入れることに。しかし、翌朝、男の姿はきれいに消えていた......。

この紹介文からも薄々察して頂けるでしょうがこの作品、非常にコメディ色の強い内容です。
ついうっかり輸出用の牛肉と一緒に冷凍されて、いつの間にか日本に迷い込んでしまった半吸血鬼のアルと、なぜかそのアルと同居することになったエンバーマー(ぐちゃぐちゃになっちゃった死体とかをきれいに修復するお仕事。詳細は死化粧師を読めば良く分かります。非BLですが私はとても好き)のお話。

中途半端に吸血鬼にされちゃったせいで牙が生えず、自力では人の血が吸えないアル。
彼と暁のコミュニケーションがとても面白い。
そもそも、ボーイズラブのはずなのにほとんど色っぽいシーンがなく、それどころかこの二人の関係は誰が見てもマイナスからのスタートです。
これがホントにくんずほずれつのギシアン展開になるのか?
少し心配です。

しかしまあ、ちょっとずつ相互理解も進んでいるようですし、考えようによっては初めの心象が最悪だったんだからこれ以上落ちようがないし、あとは上がるだけ、という前向きな見方もあります。

この作家さんの作品には珍しく、痛くも重くもありません。
……あ、いや。肉体的にはちょっとどころじゃなく痛かったけど。
内蔵チョイ出しのスプラッタでしたけど。
精神的には大丈夫。保証します。
むしろ相当笑えるので、外で読む人は注意が必要です。


大怪我を負わされて血が足りなくなったアルに自分の血を与えた暁が貧血でぶっ倒れ、救急車で運ばれたのは良いのですが……。

外傷はない。
なのに極度の貧血。
通報してきたのは身内ではない友人と名乗るイケメン外人男。
これらの状況から医者が出した結論は。
お前らホモだろ! やりすぎた挙げ句に肛門から出血したんだろ! 加減しろよ!

ううっ、暁、可哀想すぎる。
そりゃあもちろん、将来的にはそういう関係になるに違いないわけですが、まだそうじゃないわけで。純粋に自己犠牲精神を発揮して血を与えた結果、医者からホモの烙印を押されて肛門検査までされちゃったなんて。

彼、厄年なんですかねー?

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手