ブログネタ
BOYS LOVE に参加中!
百日の薔薇    アクアコミックス百日の薔薇 アクアコミックス
稲荷家 房之介

オークラ出版 2005-09-12
売り上げランキング : 463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー(コミック)


今さらかというツッコミはおいといて。
いやー、良かったですよ、超ツボでしたよ!
古式ゆかしい主従関係

しかもっ!!!
それだけじゃないのです。
コミックスの裏の紹介文に注目。


気性の荒さから『狂犬』と呼ばれるクラウス。


狂犬と呼ばれるクラウス。



そう、狂犬。




ねえ皆さん、誰かを髣髴とさせませんか。


「あなたの犬です。狂犬ですよ」

と言った炎の蜃気楼の彼です。
いやー……裏の紹介文で即買いとか久々でした、あはは。


以下ネタバレ妄想注意!


紹介文です。


一国の運命を担う、高貴で美しい指揮官タキと、彼に忠誠を誓う荒ぶれる騎士。息詰まるほど純粋な想いと、過酷な恋の行方は…!?

うううっ。
タキ、なんて理想の受……!

高貴な出生に冷静且つ情のある優秀な指揮官。
基本的に命令し慣れている人で、性質はまさにツンデレ。
デレの部分がほとんどないのもミソです。
普段は主従の主なのですが、夜は……というやつです。
しかし、忠誠誓った癖に夜になったら強姦魔に成り下がるクラウスって一体

屈辱と快感に揺れるタキ、色っぽすぎです。
婚姻以外で手折られる(それにしても今さらですが、男でも手折られるって言うんですかね?)など死に値する屈辱、と言うことらしいですが、それだけ好きだったのねーと。
まだ一桁年齢の時にクラウスと初めて会って、会った瞬間、相手を一目惚れさせているんですから大したものです。その一目惚れに従って祖国も国籍も人権もすっぱり捨ててタキの所有物として騎士になったクラウスも男前。

そして平安朝の衣装に萌。
教師の折り返しの狼(狂犬?)抱えたタキに萌。
主従逆転の夜に萌。
跪いて着物に口づけるクラウスに萌。
血だらけになりながらやっぱり跪いてタキの太刀に口づけるクラウス萌。
抱かれた後のタキの手当をした侍医に萌。
主従の絆に萌。


舞台はファンタジー設定ですが、明らかにドイツやら日本を意識しています。
軍服格好いいです。
もう貴族とか皇族とか大好き。

クラウスの狂犬っぷりはちょっと詰めが甘いですが、まぁ自分で狂犬を名乗る奴と比べるのも詮無いことのような気もします。


萌要素満載で大満足の1冊でした。
久々にコミックのヒットでしたよー!

ご本人様のサイトによると、これで1部完結で、どうやら第2部もあるそう。
いやー楽しみです。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手