ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
駆け引きはベッドの上で駆け引きはベッドの上で
ふゆの 仁子 奈良 千春

竹書房 2005-05-25
売り上げランキング : 25,414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


妹ご推奨の1冊でした。
曰く、

「あっちゅー間に読みおわんで!」


確かにジェットコースター展開で爽快に読了致しました。
表紙に札の雨が降っていて羨ましい限りです。
でも。
扉絵を見てひっくり返りそうになりました。

シャワー室+バック体位+2人の前は鏡で肌色全開

ううう~ん。
まぁ捲らなきゃ見えないか。
と思って油断していたら裏表紙に縮小版が載っていて

ああ、妹はこれをレジに出したのか、と、遠い目になったのでした。
(ヤツは何故かネット書店を一切利用しない人なのです)


以下ネタバレ妄想注意!





紹介文です。


「この賭けに君が負ければ、君の人生は私がもらう」「それでも逃げるのは性に合わない」仕事、恋愛。遊佐の人生はまさに順風満帆のはずだった。社運をかけた大きな契約が破談になるまでは…。理不尽なリストラをされ、その退職金で憂さ晴らしをする為に遊佐はラスベガスのカジノを訪れていた。そこでヨシュアと名乗る美形の日系人と勝負することになる。自棄になっていた遊佐は勝負に負け、約束通りヨシュアに身体も、これからの人生も握られることになるのだが、ヨシュアは遊佐をベットに押し倒しながら、更なる賭けを持ちかけてきた。今度こそ、勝負に負ければ一生囚われの身…。遊佐はその勝負を受けて立った。


オフィスラブではありますが、恋愛最重視の内容となっております。
理不尽にリストラされた受青年遊佐と、カジノで出会ったヨシュアとの恋愛です。
(後から分かることですが、彼らは遊佐がリストラされる前にお互いの会社の窓口として一緒に仕事をしていました。そして二人揃って遊佐の会社に嵌められる形で失敗しています)


なんつーか。
頭と尻尾にエロが挿入されたサンドイッチパターンだったわけですが。
なんの引っかかりもなくすーっと読めたわけですが。
とりあえず久々にボーイズラブらしいファンタジーセックスを見たと言いますか。

2人とも男相手が初めてでなんであんなにあっさりコトが運ぶのでしょう。

とか、

初めてなのにそんなに速攻で気持ちよくあっさり受け入れられて良いんですか。

とか。
そしてそれを違和感なく読めてしまう自分に乾いた笑いが止まりません。
普通に面白かったし……。

リストラと同時に遊佐を振った元彼女は、えらい悪役っぷりでした。
つきあい始めてほとんどすぐに紹介してくれた遊佐の同僚と浮気し、さらに企業スパイよろしく遊佐の仕事内容をその同僚に垂れ流していたというすごい人です。
欲を言うなら、転職して仕事を再びやる気になった遊佐がヨシュアと頑張って新店舗を立ち上げて、彼らをぎゃふんと言わせるところまで書いて欲しかったです。
リーマン根性見せてみろ! 見たいな。
働く男としての株は急上昇したこと受け合いです。
きっと読後の爽快感も倍増したことでしょう。

恋愛成就した時点で終了しているので、BLモノとしてはめでたしめでたしです。
仕事面の決着より恋愛とエ口が大事。
何も考えなくても楽しく読める……。
このジャンルにおいてはある意味、真理かも。

それにしてもヨシュア、きみ言葉責め好きだなぁ。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手