我が家では家族そろって週刊少年ジャンプを愛読しております。
私が小学校中学年になったあたり(ダイの大冒険がまだ連載されていた頃)から、私が買うようになりましたが、それまでは両親が買っておりました。
近くの店まで私の乳母車を押して買いに行っていたそうです。
まだまんだの銀ちゃんとかが現役で連載されていた時代です。

夫婦そろって読んでいたと言うことですが優先順位はどうなっていたのか。

ちなみに今は基本的に購入者の私が1番に読み、そこから父→母→妹→弟の順です。

じゃあ二人で読んでいたときは父→母だったんだろうなー。
と思いきや。

「あのころウチのジャンプはいっつもまっぷたつやったわあ」

「はい?」

「二つに割った方が早く読めるからって、父さんが買ってきた瞬間にベリッっと」

「……半分ずつ読んで交換してたってこと?」

「そうやでー。ウチのジャンプは毎週2冊仕様やったから」


さて、二人のお目当ては結構かぶっていたはずなのですが、2冊に分離された哀れなジャンプの優先順位はどうなっていたんでしょうかね……。