ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
もうひとつのドアもうひとつのドア
月村 奎

新書館 2001-12
売り上げランキング : 73,181

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


月村奎さん3冊目。
今回読んだ月村作品、「家賃」「きみの処方箋」「もうひとつのドア」のなかではこれが一番好きでした。
2001年に発行されているのですが、この再版のかかりにくい業界で確実に版を重ねています。(現在第5刷)

彼女の作品はズドン! と衝撃が来て大感動、というタイプではなく、読んでいる最中から始まって読後にじわーっとくる浸透型のものが多いと思います。
そしてボーイズラブ恋愛の背後にあるそれぞれの家族が省略されずに描写されていたり、積極的に物語に関わってくることも多いのです。
今回読んだ3冊とも、家族関係は深刻だったりドロドロしてたりでした。

受攻の話を致しますと、今回の受少年は不器用で世慣れてなくて怪我をした野良猫のようで、とてもとても私好みでした。


以下ネタバレ妄想注意!





紹介文です。


きみはこれからきっと幸せになれる。生きる希望もなく、不幸に慣らされていた広海にそう言ってくれたのは、大きくてあたたかい手を持つ、三夜沢だった…。理不尽な借金に追われる十七歳の広海は、バイト先に客として現れた少女とその父親・三夜沢と知り合う。娘に冷たく見えた男にはじめは反発を覚えるものの、いつしか三夜沢の不器用なやさしさに惹かれ…。


広海くんの成長物語ですね、うん。
決して恵まれていたとは言えない生い立ちのせいで人間不信になって、毛を逆立てつつまわりはみんな敵だぜ、信用したら損するぜ! みたいな感じで生きているわけです。
そんな状態で世の中を見たら、そりゃみんな腹黒く見えるってものです。
美生ちゃんという子供がいる三夜沢(攻)も、初めは子供を虐待してると思われていたのですよ。思いっきり勘違いでしたけれども。

それが、温かい家庭だとか三夜沢父娘との交流だとかを重ねていくうちにちょっとずつ余裕ができてきて、世の中を色眼鏡なしに見れるようになっていき、不器用な優しさを示す三夜沢に恋していると気付くのでした。


今回出てきた広海の父親は、人間的にちょっと論外な御方です。
さっさと画面から消えて下さい
バイトで必死に生活費を稼いでいる息子(しかも義理の)に金をたかるな!
しかも理由が振るっています。
見目の良い息子で一儲けしようと本人の許可もとらずに怪しげな芸能関連の事務所と契約して登録費やらレッスン料やらを言われるままに振り込み、あげく騙されて事務所とは連絡不能、残ったのは借金だけ。
という、どう見ても自業自得な借金をです。
コイツ息子になすりつけやがった
意地になって黙って払い続ける息子も息子ですが。
法律的にも絶対払わなくて良い金ですし。
とにかく恥知らずが服着て歩いているような男でした。
……母親は広海の誕生日に手首切って自殺するし。

子供は親を選べないよね、と慰めてあげたい。
と、なんとなく庇護欲をわかせる少年なのです。
三夜沢も見事に陥落するわけですが。

しかし、月村さんの書く攻ってなんでこんなに不器用なのが多いんでしょう。
そして恋がはじまるの攻もそうでしたが……。
愛情表現下手過ぎなんですよ!!
攻の不器用さが恋愛の障害になっていることはもう間違いありません。
今回は、わりと最後の方は素直に本音を語っていましたが。


しかし三夜沢、娘がいるくらいですし、元はノンケなんですよね、たぶん読み落としがなければ。
ノーマル男がそうそう簡単に男によろめくものなのかしら?
とこの世界では禁句かも知れない疑問が脳内をちらちらします。
なんで良い友達じゃなくてラブになっちゃうんだろう……と。
そのへんを疑問の余地もなくどーんと納得させてくれるBLが読みたいです。
……贅沢ですかね……?

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手