ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
きみの処方箋きみの処方箋
月村 奎 鈴木 有布子

新書館 2004-08-10
売り上げランキング : 99,957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


3冊連続・月村奎さんの2冊目です。
3冊の中で一番重かった作品でした。

攻視点で進むお話です。
エロほぼ描写なし。

私には珍しく受より攻の方が好みでした。
……別に屈折した人間が好みというわけではないハズなんですが。


以下ネタバレ妄想注意!





紹介文です。


父を知らずに育った智朗は、たったひとりの家族だった母を亡くして伯父の家に引き取られた。けれど頑固な伯父とは衝突してばかりのうえ、従兄の克巳からは屈託なく言いよられ、智朗は早くこの家を出て独り立ちしたいと思っていた。ところが、心臓の病にも負けずに明るく見えた克巳には、実は智朗が思いもよらぬような秘密があり……。


養父と直接血が繋がっていないことに引け目を感じている攻少年・智朗。
しかし、じつは実子だと信じていた従兄のほうが、まったく血の繋がっていない養子だった、というのが大まかな仕掛けです。


攻少年の認識

1段階:従兄が実子だと信じている / 伯父は世間体から進路に口を出す
2段階:従兄が実子だと信じている / 伯父が口を出すのは世間体のためではない
3段階:従兄が血の繋がらない養子 / 伯父が口を出すのは世間体のためではない


という感じ。
物語の進行と共に智朗の視野が広がっていくのが良く分かります。
最終的には両想いということになるのですが、ボーイズラブな展開より気を取られるところが多かった作品でした。
受少年の片思い→両想い(実は攻側も気になってた)
というパターンを霞ませた存在。

それは女性キャラ・草子。

ボーイズラブ小説の中では希有といって良いほどの存在感を誇った人でした。
そして、ものすごい悪役です。
草子は受少年と同じ施設で育った孤児で今は老夫婦に引き取られているのですが、
受少年に凄まじい妬心を抱いています。

曰く、

「ずるいわよ。いつも克巳ばっかりみんなに大事にされて、克巳ばっかり幸せで」

不幸せってどんな気分か、克巳にも味合わせてあげる

「施設時代の友達が、あなたへの逆恨みで

一人娘を川に突き落として殺したりしたら、

いくら優しいご両親だってあなたのこと憎むでしょうね」



逆恨みって自覚してるなら小さい女の子にそんなことしないでお願い。
なんとか妹さんは助かったけど、なんと克巳は妹の代わりに自分が川に飛び込み、そして仏のように広い心で、なぜか草子ちゃんを許しています。
つか克巳君、心臓弱いのに無茶しないで下さい……。

しかも草子ちゃん、BL専門文庫の短編でで堂々と男性と恋愛してます
なんて珍しい女性キャラなんでしょうか。

好きにはなれなかったけど、嫌い目障り消えろとは思えなかった不思議キャラでした。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手