ブログネタ
BOYS LOVE に参加中!
404853923Xワガママだけど愛しくて (3)
樹 要

角川書店 2005-12-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


乙女攻の第3巻が発売され、妹が嬉々として購入してきました。
相変わらず攻は乙女です。

これで受が男らしければ釣り合いが取れるのかも、と思わないでもないのですが、受も受らしい受なのでどうも締まりのないカップルになってるんですねー。


以下ネタバレ妄想注意!




一言で内容を説明してしまえば、

乙女攻に自立心が芽生える。

といったところでしょうか。
秀(受)に心配をかけたくない、苦労をかけたくないということで、朝は自分で起きるから起こしに来なくて良いよと言ってしまったりします。
普段は目覚まし5つかけても自力で起きられないナツ(乙女攻)がそんなことを言ったところで信じられません。翌日、様子を見に行った秀は、目を赤く腫らしたナツに遭遇することになります。明らかに寝てない乙女攻。


起きられないからって徹夜かよ!

私みたいなことしよって。
(↑始発に乗らねばならない事態が発生した時は徹夜する人)

こんな感じでなかなか自立は上手くいきません。
そして秀も、ナツの世話をすることで実は安心を得ていたんだと気付いたりします。


新キャラがでてきたりもしてましたが、総じておとなしめの1冊でした。
1・2巻ほどの衝撃はなかったです。
それとももしやこれは、本の内容云々ではなく慣れの問題なのでしょうか。

感覚が麻痺していくって怖いですね……。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手