ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
前回の記事:押入のホモ御殿
↑先にお読み下さい。

さて、私たちが見て見ぬふりを押し通した妹のホモ御殿ですが。
奴は、自分でパンドラの箱を開け放ちました。
そのおかげで、発掘を依頼していたコバルトボーイズラブのエデン3冊(1冊じゃなかったんですね)と蜜柑が手元に届きました。ありがたやありがたや。
ちなみに、なぜ突然こんな恐ろしいことを彼女がはじめたのかというと、レポートの〆切が近いからだそうで。英語で提出らしくテンパってました。
……現実逃避してないで書けよ。
さて、部屋の惨状を冷静に観察してみたところ、ボーイズラブの蔵書量では明らかに私より妹の方が多いと再確認。
ホモ御殿の整理をはじめたとたん、奴が1人で使っている8畳間が、
山なすボーイズラブ本で埋め尽くされました
壮観でございました。
部屋のどこを見ても、ほもほもほも……。
良くこんなに買い集めたな妹よ。

彼女のすごいところは、幾度となくノーマルな友人を部屋に招きながら完璧に己の趣味嗜好を隠し通しているところでしょう。
巨大な二葉もいるのに良くやるなーと毎回、感心しております。
ちなみに私はノーマルな友人を家に連れて帰ってきたことはないです。
(私の家に来たことのある友人たちへ。反論は認めません(笑))


あまりにすごいことになっていたので、これは部屋の写真を晒してやろう!
と思って、妹に撮影許可を願い出ました。

妹は、とんでもないとばかりにぶんぶん首を振りました。

「冗談ちゃうわ!! 私、自分のブログで部屋の写真とか載せてんのに、バレたらどーしてくれんのよ!?」

そういえば何回か載せてたな……。
と思い至る私。
さすがに私も彼女のブログ経由で身バレすると非常にまずいことになるのでちょっと考えました。しかし、アレを載せない手はないよなぁ……。

「じゃあさ、部屋の家具とか俯瞰図は一切なしで本しか写さないから!」

といって食い下がってみました。
で、奴が生姜湯を作っている隙にこっそりケータイで撮影。

「これやったら載せても絶対わからんやろ!」

と、ケータイサイズで撮影した写真を突きつけて許可を迫ってみました。

「……わからんやろけど、本気で載せんの?」

「載せる」

「バレたらキレんで」

ということで許可が出ましたので載せます。
大丈夫だ妹よ。本人も把握してない蔵書の一部だけを見ておまえだと気付く人など皆無ですよ。しかし部屋全体はどう頑張っても許可が出そうにないので見た目の威力も半減です。 家具を含む部屋の様子が一切分からない角度って案外難しくて……。
残念!





追記。

整理しているところに押しかけたら、純情ロマンチカが4巻まで出てきたので強奪。
前からちょっと気になってたのに、はじめのほうの巻が埋もれてて発掘できなかったんですよね。
そして妹は……。

妹「ぎゃーーーっ!!! なんで私こんなに同人買ってんのぉ!?」

そんなこと言われても知らんがな。

妹「あ、なんかスケブ出てきた」

なんかいやな予感。

妹「冬コミ行くんやろ。あげるからなんか描いてもらってきてよ」

それあげるって言わない!!
つか、スケブってどうやって頼むんだ妹よ。
(彼女はインテックスでいっぱい人に絵を描いてもらっていたらしい)

妹「そういえば」

まだなんかあるのか。

妹「私昔、ねーさんにかりた終わりのないラブソングで感想文書いて、先生に「面白そうな本ね、貸してほしいわ」って言われてめっちゃ困ったなぁ」

妹「あ、小田切さんの同人や……これ元ネタ知らんねんけどなー、高かったのに」

じゃあ買うなよ! 
(ちなみに見せてもらったら火×アリでした。
昔友人がこれにはまって踊り狂ってたのを思い出しました)
こうして次々と本を整理しながら懐かしそうに回想する妹。
遅々として進まない整理。
これ以上聞いてたら私の脳みそが沸騰しそうなので、そそくさと彼女の部屋を立ち去って参りました。

そして数時間後。
せっせと論文書いてたら、妹に貸しっぱなしになっていたBL本が山のように返ってきました。
……で、私にこれをどこになおせというの……?
ホモタワーはすでに満員御礼ですよ?

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手