ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
4835218035LOVE ME 10$
ひちわ ゆか 如月 弘鷹

ビブロス 2005-10-19
売り上げランキング : 8,379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


最近、珍しいくらいの頻度でひちわゆかさんの新刊が出て嬉しい限りです。
しかも今回は如月さんとのタッグ。
何でプラクティス2より先に違うのが出るんだというツッコミはおいといて……。
(なにしろもっと巨大なツッコミをせねばならないので)

いやしかし相変わらず楽しく読めました。



以下ネタバレ妄想注意!





紹介文です。


「便利ってものは金がかかる。金がかかるものは贅沢だ。贅沢は敵だ!」 食費は一日五百円以内。住んでるアパートはシャワー無し・隣のエッチも聞こえる壁の薄さ、しかも幽霊付き大学生の和臣が心からベタ惚れしている恋人・雪生は、不治の病におかされていた…「ケチ」という名の! オンボロアパートを舞台に、綺麗でクールな年上の塾講師と犬系大学生が繰り広げる恋の大騒動! あの伝説のラブコメがついに登場!! 


伝説のラブコメってことは雑誌からの再録なんでしょうか。
私はとんとBL雑誌は買っていないのでもちろん初見でした。

でも伝説つっても、まさか例のBL界屈指の話題作・奇跡の登場ほど私を唸らせることはあるまい。 受がちょっとケチなくらい屁でもないわ!

と思って読み進めておりました。


さて、ここにひちわゆかさんの代表作(?)TOKYOジャンク番外編があります。

暗くなるまで待って
ラブ・ミー・テンダー
ラブ・ミー・テンダー〈2)

そして今回のタイトルは、「LOVE ME 10$」。
カタカナになおしてみます。
ラブ・ミー・テンダラー


やられた!!


朔夜と恭介、フツーに出てきてるじゃないですか!!!
しかも朔夜さんは今回のカップル受のお隣に住んでるんですよ。
ちなみに恭介は攻と同じ大学の先輩です。
朔夜と恭介はラブラブになったところで終わっていたのですが、その後を覗けて面白かったです。まさか恭介が公務員で市役所に就職決めてるとは思わなんだ。
しかもこいつら、まだ学生のくせに都内にマンション買ってやがる……。

TOKYOジャンク番外編が好きな人にはたまらん1冊になっておりました。


メインカップルは大学生×予備校講師。
年下ワンコ攻です。
ちょっと私のストライクゾーンからは外れるんですが、年下攻好きにはかなりツボな攻かと思われます。
攻が浮気したと誤解して問い詰めるつもりが勢い余ってちょっとうっかり強姦して恋人から性犯罪者に転落しちゃったりとか、おちゃめな攻クンでした。
受の極度のケチには参りましたが……。
私なら一緒に住んだら半日で音を上げます。
駄目無理。食事には惜しみなく金を注ぎ込む家で育った私には耐えられん。

今回は笑いがメインでエロは微妙に控え目だったと思います。
しかし。
初エッチの一部始終をお隣の朔夜・恭介に筒抜けだったこととか、それを知って呆然とする受の先生が底なしに笑えます
いやー壁が薄い悲劇って言うのは堪りませんなぁ。
(私が昔住んでいた部屋の壁も、ベニヤ板かよ!? と突っ込みたくなるような薄さで、面白いくらい隣の話し声が聞こえました。一時隣人が今井美樹の「PRIDE」にはまって毎日毎日朝までエンドレスリピートをかけていた時期がありまして、「私はいま~南の一つ星を見上げて~」のくだりを聴くといまでも鳥肌が立ちます。トラウマです。……ノイローゼになりかけたあの時の悲惨な暮らしも今となっては良い思い出です、はは……。
私の友達は隣の情事を聞いてしまったこともあるんだとか。
女しか入ってなくても、連れ込んじゃったら一緒だもんなぁ)

聞かれる方も非常にいたたまれませんが、聞く方も災難です、特に他人の情事なんかねー……。朔夜さんが萎えるのも分かります。
でも隣の住人を追い出すために血天井を偽造する朔夜さんもたいがい人が悪いですが。
(さりげに朔夜さんってやること強烈です……。恭介の友達に嫉妬してコーヒーにゴキブリ放り込んでみたりとか、酔い潰してラブホに連れ込もうとした恭介を踵落としで鎖骨骨折させたりとか。出されたコーヒーにゴキブリが浮いてたら凹むよなぁ。にっこり笑って「もてるね。きっとそのゴキブリ雌だよ」とか言われたら向こう1週間は立ち直れないです)
幽霊工作に関しては、予備校講師の先生は幽霊は気にしない人だったので効果はなかったのです。
まぁ、これまで散々隣の住人を怖がらせて退去させ、壁が薄くても気にせずコトに及んでたわけですから、たまには人が喘いでても我慢してあげましょう。


ひちわさんの場合、エロ萌と笑いはなかなか同居してくれないんでしょうかね~。
最後の短編は、しっとりと近親相姦ホモで萌え萌えでしたけど!

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手