ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
4835214870きみがいなけりゃ息もできない
榎田 尤利

ビブロス 2003-09
売り上げランキング : 6,876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボーイズラブ・レビュー


やっぱりビーボーイノベルの装丁は前の方がシックで良かったと思う今日この頃。

読み返したい読み返したいと探していたのですが見つからなく、て家庭内捜索届けを出したところ、妹のホモ御殿から発掘されました。相変わらず本の行き来は激しいです。……紙袋いっぱいになってきた妹のボーイズラブ、そろそろ返したいのですが、収納場所がないと拒否られてます。そのうち私の部屋も整理するのでその時に問答無用で返却予定です。

榎田尤利さんの作品の中ではかなり好きな方です。
自己管理能力マイナスの売れない漫画家×できる男。
この受の攻への依存度が半端じゃありません。
いいなー私もこんな旦那欲しいよう……。


以下ネタバレ妄想注意!





紹介文です。


ごくごく一部に熱心なファンがいる(らしい)売れないマンガ家「豪徳寺薫子先生」こと二木。生活能力赤ん坊なみの彼を放っておけず、幼なじみの東海林は文字通り衣食住の面倒を見てやっている。そんな折、二木にメジャー出版社での掲載のチャンスがきた。二人の関係にも微妙な、そして大きな変化が──!?


まず、5日部屋を放置しただけで畳が見えなく待って異臭が充満し、ブラック・インセクトが発生するってこれはどうなの?
生活能力以前の気もしますが、ふむ、ちょっと身に覚えがないわけでもない私としては、一概に二木を責めることもできません。……確かに部屋ってほっとくと床見えなくなりますよね、うん。
私の場合救いなのは、床を埋め尽くす様々な物体が少なくとも腐ったりしないという点だけです。床を埋めつくすモノたちベストスリーは、
3:レポートや論文などの紙類
2:衣類
1:本

です。三つとも腐りません。自慢はできませんが。
そろそろ自室の本の山脈が雪崩れ始めたので、整理しないといけません。
私には東海林がいないので自力で掃除です……。ふう。

さて。
この二人、幼なじみの親友で今はほとんど保護者と被保護者……という関係なのですが、何の間違いでか二木の漫画が売れ始めたあたりからこの関係が微妙に変化します。
つまり、ずーっと保護対象として世話していた二木のことが実は好きで、二木は自分でやろうと思えば生活できるのに、自分が世話を焼くことによって彼の自立を妨げていると、東海林が気付いてしまったわけです。
しかし、二木は自分のことをあたたかい毛布やお袋、兄貴としてしか見ていない。
でも、こちらは恋愛感情。
このままでは二木はダメになってしまうということで、東海林が身を引いたのです。

そして二木は、離れて始めて、いかに自分が東海林に依存していたかに気付き、彼のありがたみを噛みしめます。
そして口から飛び出したセリフが、

「いいか、おれはな、おまえがいなきゃ息もできないんだよッ!」

なんという開きなおりっぷり。
なんという殺し文句。

すごいですねー。

二木の漫画の盗作問題やらで、話としても上手く盛り上がるところが盛り上がっており、とても楽しめます。子供の頃に自殺してしまった少女も、この二人の関係に上手くかっらんでいて読まされます。
あと、二木ことルコちゃんファンの茜も良い味出してます。榎田さんの小説には、キャラ立ちした女性がかなりの確立で出現するので、密かにそれも楽しみにしていたりします。

後書きで、
「念のために申し上げますと、私の部屋は決して二木のような有様にはなっておりません」と断っているあたりで笑わせて頂きました。それくらい、念入りに汚さの描写が為されているのです……。普通の人間はあんな環境に放り込まれたら三日で病気ですまったく……。


これは今漫画になっているようですが、コミックスが出たら絶対買います。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手