ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
4199003614眠らぬ夜のギムレット
遠野 春日 沖 麻実也

徳間書店 2005-08-28
売り上げランキング : 3,015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー



沖さんのイラストがGOODです。
表紙、緑が効いてて凄くきれいで雰囲気出てます。
私はあまり酒が飲めない人なのですが、ここに出てくるギムレットはおいしそうです。
お酒に強い人が羨ましい……。

さて、遠野春日さんは貴族シリーズを何度か読んでいたのですがどうも肌に合わず、これを妹に渡された時もちょっとどうしようかと思ったのですが、イラストに背中を押されて読みました。

今までに読んだ遠野春日さんの作品の中では一番良かったと思います。

以下ネタバレ妄想注意!



紹介文です。


建設会社の営業マン・槙弥(まきや)に下された社命──それは、NY帰りの天才建築家・五辻紘征(いつつじこうせい)への巨大複合ビルの設計依頼。大財閥の御曹司である槙弥にとって、実力を示すチャンス。己のプライドに懸けても、失敗できない。ところが五辻は「俺が欲しいなら体を差し出せ」と要求してきた!! 屈辱に震えながら、夜ごと五辻に抱かれる槙弥だが……!? セクシャル・ワーキングLOVE!!


営業×建築家ですねー。
一応仕事メインなのかな? という感じなのでオフィスラブにしてみました。
身体差しだして仕事を取ってくるっていうこの古典的な手法は、果たして男でも可能なのかと。とてもシリアスタッチな書き方になっているので、槙弥が大変そうなのは大変そうなのですが、どうも所々で引っかかりました。

昔、会ったことがあるのをほとんど覚えていなかった槙弥が、仕事をたてに行為を無理強いされているのですが、なんでしだいに五辻が好きになっていったのかが良くわからんかったのです。

これはあれでしょうか。

体の関係になる→交際する→好きになる

の、両者の間に力関係が働いたバージョンなんでしょうか?
リンク先のアンケートでは少数派の恋愛パターンでも、恐ろしいことにボーイズラブ界では日常茶飯事に起こっていたりします。
こういうのは、身体から始まって好きになっていく過程が楽しかったりするのですが、この作品に限ってはちょっと私には微妙でした。(ちなみに妹はかなり気に入った模様)

後半は、カップルになった後の嫉妬ありライバル出現あり、最終的に仲直りして和解セックスありの典型的な後日談みたいな感じで、とりあえず微笑ましいです。
……いい年した男二人の恋愛を指して微笑ましいと表現するのもアレですが。


ちなみに大爆笑させてもらったというか、見事な萌えツボを押さえられたというか。
仕事をとるために身体を差しだして、言う受の台詞が、

「僕……、本当に、何も知らないんです!」

「許して下さい、怖い」

おまえは怯える処女か!
 と突っ込みたくなったのは私だけ?
男相手は初めてだろうが、このセリフはちょっとどうなんだろうと。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手