ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
440352057X十三階のハーフボイルド (1)
ひちわ ゆか

新書館 2005-09
売り上げランキング : 2,812

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズラブ・レビュー


どうも最近新刊に対する初動が遅れているような気がしてなりません。
発売日に入荷されるなんてほとんどない近所の本屋。
しばらくして覗くと嫌がらせのように目当ての本だけ売り切れている近所の本屋。

そして極めつけに、知らないうちに止まっていたカード。

……そーなんですよ。
給料の振り込み口座が変わって、カードの自動引き落としの口座に入金されなくなるのをすっかり失念していたのです。口座変更の書類を出さないと。後日口座から引き落とされるまでカードが使えないんですよ。愛用の楽天ブックスにもアマゾンにも、

「けっ、おまえのカード、会社に止められてて使えねぇよっ!」

と冷たくあしらわれてしまったのです。
↑当たり前だ。

なので今回の主人公さんにはものすごく同情しました。
いやお金って大事ですよね……。


以下ネタバレ妄想注意!



紹介文です。


築四十年余の古びたビルで探偵業を営み、毎日犬や猫の行方を追う原のもとに持ち込まれたのは人間相手の厄介な依頼。引き受けたくなどなかったが、条件が問題だった。冷たい美貌と細身の体をスーツに包んだエリート警察官僚――原が長く焦がれ、二年前友情と共に失った男、奎吾がこう云ったのだ。引き受けるなら、原と一晩過ごしてもいい、と。あまりに魅惑的な報酬に、原が断るはずもなく……。


ということで、探偵×警察官僚であります。
ミスポリとは違ってこちらの受様は出世街道まっしぐらのエリートです。
しかもクールビューティ。攻から見れば高嶺の花。
対する攻は、正真正銘のヘタレであります。
魅惑的な報酬に釣られてゲイのSM乱交パーティに体を張って潜入捜査をした挙げ句に肋骨にヒビを入れ、しかも長年焦がれた相手と一晩共に過ごせるという報酬は自ら辞退。

結局、この1冊にエロは一切ありません

いや……ひちわゆかさんといえば萌エロの人。という印象があったので、正直なところ意外でした。
でもこれ、エロがないのに萌えます。

受様は、ただの女化した男受でないところがツボです。
融通の利かない頑固者でも、実はずぼらだったり、精いっぱいできることはしようとする人間味が良い感じなのです。
彼の作ったおでん、自分で再現してみようかな……下ゆでしすぎて破裂した卵とか煮くずれたジャガイモとか長いままのしらたきとか。私の料理の腕を持ってすれば再現など容易いことではありますが、きっと誰も食べてくれないでしょう。やめとこ。材料がもったいないです。

そして、ヘタレ攻とあとがきで生みの親の作者に烙印を押されてしまった原。

本作品の原という男は、その中でもキング・オブ・攻といっても過言ではありません。
――ただしへたれの。
無精髭、着たきりスズメ、金も学歴も強力なバックボーンもない好きな男にも手を出せない。


と、さんざんな言われようですが、私は原さん好きです。
優しくて。
ただし優しすぎて結局自分も相手も傷つけちゃうタイプのようですが……。
でも実際、男ってこんなもんじゃないですかね?
好きな相手に強引に迫って押し倒せる男なんてそういませんよたぶん。

ただ、嫌われてると思い込み、確認しないままに友達のままでも傍にいられるだけで良いと思い込もうとし、しかし諦めきれないで悶々としてしまうという。
ふむ、まさにヘタレですな。

しかもラストで別の男を抱き寄せているところを受様に目撃されてしまうという。
で、部屋の温度が急低下したところで終了…………。


続き、早急に出して頂けるんでしょうね……?


ううっ、このまま半年とか1年とか待つのは勘弁願いたいところです。


あと、探偵業のペット捜索ですが。
動物が絡んでくるとどうもそっちに気をとられます私。
実際、飼っている動物が行方不明になると、相当凹みます。
脇役のご夫婦に、しっかりなさって! とエールを送り、ロングヘア・スコを自分の都合で探せとか代わりを用意しろとか曰い、必要なくなれば知らん顔のろくでなしにはおまえの会社が倒産しろよと腹を立て……。
いや、ビクくんが無事見つかって良かった良かった。

    ↓WEB拍手です↓
   web拍手